コラム 政治・経済

グローバル化の正体とは「貧乏人がいきられない社会」

私は今日の経済を学ぶために、

経済評論家で作家でもあり、

また経営者でもある三橋貴明さんの

メルマガを読んでいます。

 

データに基づいた評論に定評があり

非常に的確で説得力のある

解説をしてくださいます。

 

前日のメルマガに気になる内容が

あったので紹介しながら所見を

述べていきたいと思います。

アメリカの医療費

日本は何だかんだ言っても

社会保障制度のしっかりした国です。

 

経済大国と言われるアメリカでは、

盲腸の手術(入院1日)で、なんと

医療費が550万円もかかるそうです。

しかも民間保険会社の保険適用になっても

自己負担だけでも110万円も

必要なんだそうです。

 

三橋氏は、「まるで貧乏人は死ね」と

言っている様だと言ってますが、

私もその通りだと感じます。

 

産後間もない母親であっても

体調が悪くても医療費が払えなければ

病院から追い出されていくそうです。

 

それが経済大国アメリカの現実です。

 

日本は、今のところは

自己負担額がジリジリと増えていますが

それでもまだしっかりと社会保障制度があり

比較的安心して医療を受けることが出来ます。

 

でも、今のままグローバル化や

経済の低迷が進んでいくと、

日本もアメリカのような

社会になってしまうかも知れないのです。

グローバル化の正体

どうしてアメリカでは日本に比べて

これほど医療費が高額になるのでしょうか?

 

三橋氏が指摘するには、

人の命でさえ金儲けに使うからです。

 

そして、それらを全てビジネスとして

民営化を進めた結果なのです。

 

想像してみてください。

 

あなたの子供が大けがをして

病院に運ばれてきたとき、

手術を受ければ助かるけれど

その手術費用が500万円だったら。

 

費用を取るか命を取るかの

選択を迫られるのです。

 

むろん、命に選択の余地などありません。

 

ですから、利益は最大化してゆき

医療費はどんどん高騰していきます。

 

非常に大切な事なのですが、

私達が選択の余地のない分野での

産業を国有化でなく民営化すると

利益を追求することが目的となり

結果的に利用する費用が

高騰する恐れがあるのです。

 

古くは国鉄、電話産業の民営化、

がありました。

 

かつても民営化は外資参入のない

内需拡大に向けての民営化でしたので

現在進んでいる民営化とは意味が違ってきます。

 

昨今の民営化で記憶に新しいものに

小泉内閣による郵政民営化があります。

 

どうもこの辺りの民営化から

外資のきな臭い匂いがしてくるのです。

 

いま現在グローバル化の波が押し寄せ、

水道法、種子法などの改正によって

また新たな分野を民営化するための

施策が目立たないように勧められています。

 

且つてフランスでも水道の民営化が

実施されていますが、

水道料金が2倍以上に跳ね上がり

結局国営に戻したという現実もあります。

 

アメリカやフランスなどで

民営化による失敗例があるにも関わらず

日本においては、民営化が進んでいます。

 

資本至上主義におけるシステムのなかで

すべてを金儲けの材料として、

一部の限られた人たちだけが富を得続けるのです。

 

グローバル化とは結局そういった

富を集中するための

格差拡大マシーンなのです。

まとめ

陰謀論のように聞こえるかも知れませんが、

富を集中させようと企む人たちは、

私達の意識を他に振り向けたり

違った価値観をメディアなどを通じて

植え付けています。

 

その結果、私たちの多くは

政治に目を向けない意識の低い国民と

なっている気がします。

 

政治や経済にもっと多くの人が

危機感と関心を向けて、

いまの間違った国家運営を

正していく必要があります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 政治・経済

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.