コラム 政治・経済

お金を発行しない日本銀行の仕事とは何か?

 

お金の仕組みに関する記事は、私がウェブ上で、

大西つねきさんという人の動画を見つけて

2時間近い動画を見たことから始まりました。

 

大西つねきさんは、

自身でフェア党という政治団体を立ち上げ

政治家並びに思想家として活動をされている方で、

最近では自身を想いを言葉にして伝える

「言語家」と称して活動もされています。

 

そんな大西つねきさんの配信の主な内容は、

今の金融資本主義のシステムの矛盾だけではありません。

 

政治にも大変重要だと主張されていますが、

私たちが生きる上でもとても大切な

人としての生き方や思想・哲学といった内容です。

 

金融システムについては、専門的な内容もあり、

少し難しい部分もありますが

私は大西さんの配信を見てから大変強い共感を覚えました。

 

私は以前から、真面目で正直な人ほど

豊かになれない今の社会に大きな違和感を感じていました。

 

でも、その根本的な原因がわからず、

悶々としていたのですが

大西つねきさんの配信で、

全ての原因をハッキリさせることが出来たからです。

 

以来ずっと大西つねきさんの配信から学びながら

私自身が出来ることを模索しています。

 

このブログの記事も、その一環として

配信をしているものです。

 

大西つねきさんについて

更に詳しいことを知りたい方は、

大西つねき公式ウェブサイト

を是非ともご覧ください。

 

さて、前回は

「信用創造」と言うお金の発行の仕組み

と言うことについて記事を書きました。

 

今回も大西つねきさんの著書、

「私が総理大臣ならこうする」

第三章「政府の借金を税金で返してはいけない」より

お金を発行しない日本銀行の仕事とは何か?

ということについてお話していきます。

 

日本銀行の仕事とは?

日本銀行はお金を刷らない

多くの人は日本銀行(日銀)は

お金を刷っていると思っていたと思いますが、

実際にお金を刷っているのは国立印刷局でした。

 

このお金の発行の仕組みについては、

前回の「信用創造」も記事で解説しましたが、

では、日本銀行がお金を刷らないのなら、

日本銀行ってどんな仕事をしているのでしょうか?

 

よくニュース番組等で解説者の人達が

日銀がお金を刷って金融緩和をすれば・・・

というような意見をいっているのを

聞いたことがあると思います。

 

大西つねきさんが言うには、

これは日本銀行が本当にお金を刷っていると

本気で勘違いしている人と、

もう一方は、仕組みをきちんと理解したうえで

世の中のお金を増やすような政策をしろと

言っている人に分かれると言っています。

 

前者が認識不足で有ることは言うまでもありません。

 

では、後者の意見についてはどうでしょうか?

 

日本銀行がお金を刷らないのに、

どうやって日本銀行がお金を

増減することが出来るのでしょう?

 

その政策を次に見ていきましょう。

日本銀行の金融政策

金利調整

前回の記事

「信用創造」と言うお金の発行の仕組み

の中でも説明していますが、

現代のお金は、誰かの借金として発行されます。

 

つまり、世の中のお金の増減と言うのは、

借金の量で決まることがわかります。

 

これからわかることは、

要するに日本銀行の金融政策とは

お金の増減=借金の増減なので、

これを調整することなのです。

 

では、どのようにして調整しているのでしょうか?

 

従来の方法は非常にシンプルで、

金利の上げ下げでした。

 

金利を下げれば、返済額も減りますので

借りたい人や借りられる人が増えます。

 

すると銀行がその人たちにお金を貸し出せば

お金が増えると言う仕組みです。

 

逆に金利を上げると、逆に返済額も増え

借りたい人も借りられる人も減るので

借金は減りますが、その分のお金も無くなるわけです。

 

このように金利の上げ下げを日本銀行が調整して

景気の調整を行っていたのです。

量的緩和

従来は、日本銀行が金利を上げ下げして

世の中の借金とお金の量を調整すれば、

景気対策をすることが出来ていました。

 

しかし、日本はバブルが崩壊し

デフレが長期化して以来、

金利がほぼゼロになってしまいましたので、

日本銀行が金利の調整を出来なくなったのです。

 

そこで、新しくとった方法が「量的緩和」です。

 

量的緩和とは、日本銀行が民間銀行から国債を買う

「買いオペレーション」という方法をとります。

 

日本銀行が民間銀行から国債を買って、

その分の代金を日本銀行内の

当座預金口座に振り込みます。

 

基本的にこの当座預金口座の国債には

金利が付きません。

 

すると、民間銀行は今まで国債を保有して

金利を得ていたお金に金利が付かなくなります。

 

でも民間銀行は

「日銀に預けた金額÷準備預金率」

の分の金額を貸し出しすることが出来ます。

 

つまり、日本銀行に預けた民間銀行の預金が増えれば

民間銀行が貸し出しできる金額も増えるのです。

 

これを※ベースマネーと呼びます。

地域や分野によってはベースマネー(base money)、
ハイパワードマネー(high-powered money)や
それを翻訳した強力通貨、高権貨幣とも呼ばれます。

要するに金利のついていたお金を

金利のつかないベースマネーに変えて増やすことで

民間銀行のお金が増えますので、

その分を貸し出しに回す思惑があるわけです。

 

民間銀行が貸し出しを増やせば、

借金も増えお金が増えると予測する方法が

量的緩和という方法です。

日本銀行の政策まとめ

日本銀行の金融政策をまとめると、

結局のところ、直接お金を増減するのではなく、

間接的に民間銀行の融資を誘導しているだけです。

 

なので、日本銀行が金融政策で調整をしたところで

民間銀行が思惑どおりに動かなければ、

その効果は限定的なものでしかありません。

 

事実、日本がバブル崩壊後30年以上も

デフレから脱却できないことが

日本銀行の金融政策の効果が限定的であった証です。

 

大西つねきさんは、結局問題の根本的な原因は

「お金の発行=借金の発行」という

お金の発行の仕組み自体にあると指摘しています。

 

また、政府の借金の問題も

その本質的な原因は、

お金の発行の仕組みにあると言っています。

 

次回は、そのあたりを見て行きたいと思います。

 

今回は以上となります。

 

最後までお読みいただき、

感謝申し上げます。

 

参考書籍
「私が総理大臣ならこうする」
著者 大西つねき

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 政治・経済

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.