コラム 政治・経済

終わりのないババ抜きと化した金融市場

経済至上主義に対する疑問を抱き始めて、

大西つねきさんという政治家の主張に共感し、

以後、金融システムの矛盾等について学んでいます。

 

大西つねきさんについての詳しいことは、

大西つねき公式ウェブサイトをご覧ください。

 

前回は、

日本とアメリカとの深い闇

と言うことについて記事を書きました。

 

今回も日本の現状を把握するための

配信をしていきたいと思います。

 

今回は、

終わりのないババ抜きと化した金融市場

についてお話していきます。

世界一のお金持ちになった理由

私達の住む日本が、対外純資産を一番多く保有した

世界一お金持ちの国であるいう事実は、

財務省のデータが示している通りです。

 

でも、私たち一般国民の多くは、

その実感がないと思いますが、

果たして、どうしてその実感が

持てないのでしょうか?

 

その明確な理由は、

日本国が持つ対外純資産であるお金を

私達一般国民がほとんど使えていないからです。

 

対外純資産が増えた理由は、

毎年の※経常収支が黒字であったからです。

※経常収支とは

貿易収支(貿易など)、サービス収支(観光など)

所得収支(配当や金利など)、

経常移転収支(海外援助など)の収支の合計です。

日本は特に貿易関係がずっと黒字で

お金が貯まり、世界一のお金持ち国家に

なったというわけです。

貿易黒字の問題点

日本は世界一のお金持ち国家になりましたが、

そこには大きな問題点があります。

 

その問題点とは、黒字が外貨で貯まることです。

 

国際決済の主な通貨がドルであるため、

貿易による黒字は外貨で貯まっています。

 

つまり、財務省のデータにある

328兆円の対外純資産とは

現実的には約3兆ドルの外貨なのです。

 

日本国内には、ドルが使える場所も

投資できる場所もありません。

 

なので、海外に投資するしかないわけです。

 

この事実は国際収支の式から確認できます。

国債収支の式

経常収支(民間部門)+資本収支(民間部門)=外貨準備増減(政府部門)

100+(-100)=0・・・・・①

100+(-70)=+30・・・・②

※経常収支とは、先の説明を参照ください。
※資本収支とは、投資収支で海外から投資を受けるとプラス、
海外に投資するとマイナスになります。

ここの部分の説明は少し難しいので、

あまり深く理解する必要はありません。

 

要するに、いずれにしても

民間の海外への投資も、政府の外貨準備も

外貨のまま海外へ投資されると言うことです。

 

何が言いたいのかと言うと、

結局黒字分の外貨は、日本国内には永遠に

入ってこないと言うことです。

 

これが意味することは、

貿易黒字の外貨は、日本人のためには

使われることがないと言う事実です。

外貨がババ抜きの様に国内で押し付け合われる

日本円で328兆円ものドルを、

為替市場で円に交換することは不可能です。

 

円は日本でしか発行していないからです。

 

問題なのは、3兆ドルもの外資を

日本人が円で買ったのではなく、

モノやサービスである実態価値を

売った対価として貯まったものである

と言うことです。

 

要するに、円が流出しないまま、

外貨だけが貯まっているのです。

 

その外資分の円は海外には存在しません。

 

日本人だけがこの外資を売ってくれる

可能性はありますが、日本人同士で売買しても

ババ抜きの様に外資が国内を巡るだけになります。

 

そして、皆がこれを国内で互いに押し付け合うので、

円高に進む可能性が高くなります。

 

毎年貿易黒字(外貨)が増え続ける状況下では、

その分の円が同時に増えて行かなければ

相対的に減っていく円を奪い合うことになります。

 

つまり、円高になる重圧は必至なのです。

 

唯一日銀だけが、円を市場に提供しながら

ドルを回収することができます。

 

しかし、為替政策と金融政策を分けるために

不胎化介入という方法を伝統的にとっています。

不胎化介入とは(Wikipediaより引用)

為替介入に際して外貨売買の結果、自国通貨の量が増減する場合に自国の通貨の増減を相殺するような金融調節を実施することによって、為替介入後も中央銀行通貨量が変化しないようにする外国為替市場介入

黒字は使ってこそ意味がある

海外に投資し続けて帰ってこない外貨ですが、

一つだけその分の富を日本に持ち込む方法があります。

 

それは、貨幣ではなくモノやサービスという

実態価値に変えて国内に持ち込む方法です。

 

つまり、黒字の外貨で輸入をしたり、

または海外へ観光へ行くことなどをすることです。

 

これまでの政策によって、私たちが働いて稼いだ外貨が

私達のためには使われていないのが問題です。

 

私達は過去において、もう十分に働いているのです。

 

なので、本来であればもっと給料をあげ、

少なく働けば、余暇が増えて消費も増えるので、

国内でお金が回り、実態価値が増えて

豊かになれたはずなのです。

 

私達はこれまで国家運営を政府に任せきりで、

多くの国民が無関心過ぎたことを反省しなければなりません。

まとめ

貿易黒字を出し続ける政策を取り続けた日本。

 

外貨を稼ぎ続けた結果、

ババが増え続けるババ抜き化した為替市場で

円高が進み、それが私達の首を絞め続けています。

 

稼いだ外貨は、海外へと投資され続け、

日本には永久に入ってこない。

 

世界一のお金持ち国家になった実感が

なぜ湧かないのか?

ご理解いただけたと思います。

 

国家運営の間違いを理解し、

国民ひとり一人がその失策を反省し、

国家の在り方を変えて行く必要があるのです。

 

今回は以上となります。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

参考書籍
「私が総理大臣ならこうする」
著者 大西つねき

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 政治・経済

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.