お金と仕事 健康

ストレスチェックでますますストレスが増える気がする

ストレスチェックとは

2015年12月から従業員が50人以上の事業所において、年に1回ストレスチェックの実施が義務化されました。

皆さんの職場でもストレスチェックをされましたか?

労働安全衛生法の改正(平成26年6月25日公布)では以下の通り明記されています。

常時使用する労働者に対して、医師、保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)の実施を事業者に義務付け(労働者50人未満の事業場については当分の間努力義務)検査の結果、一定の要件に該当する労働者から申出があった場合、医師による面接指導を実施することを事業者の義務とする。
ストレスチェックテストとは、厚労省で作成された質問等に答えることで、自分の心の健康状態がどうなっているかを調べることが出来るものです。

チェックの結果によって、ストレスが高いと判断された人に対して、希望に応じて面接指導医師を紹介し相談を勧めることで、うつ病などの精神疾患を減らそうとするものです。

質問は全部で57問あり、以下の3項目に分けてチェックします。

◆ストレスの原因として考えられる因子

◆ストレスによっておこる心身の反応

◆ストレス反応に影響を与える他の因子

労働安全衛生法改正のポイント

1.ストレスチェックの実施

常時使用する労働者に対して、ストレスチェックの実施が事業者の義務となります。

2.面接指導の実施

ストレスチェックの結果、高ストレス者として面接指導が必要と評価された労働者からの申出があった場合、医師による面接指導を行うことが事業者の義務となります。

3.集団分析の実施

職場の一定規模の集団(部、課など)ごとのストレス状況を分析し、その結果を踏まえて職場環境を改善することが事業者の努力義務となります。

4.労働者に対する不利益取扱いの防止

面接指導の申出を理由として、労働者に不利益な取扱いを行うことは法律上禁止されます。また、ストレスチェックを受けないこと、事業者へのストレスチェックの結果の提供に同意しないこと、高ストレス者として面接指導が必要と評価されたにもかかわらず、面接指導を申し出ないことを理由とした不利益な取扱いや、面接指導の結果を理由とした解雇、雇止め、退職勧奨、不当な配転・職位変更等も行ってはいけないこととされています。

参考資料:改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度について

私の雇用状況と勤務状態

個人情報の関係で詳しくは言えませんが、私は現在市営バスの運転手の業務に従事しています。

身分的には非正規雇用の公務員です。

厚生年金や社会保険などの福利厚生は役所関係なので、全てきちんと加入されています。

休日は土日祭日となっていて、公務員ならではの完全週休二日制度です。

雇用期間は1年ごとの契約更新で、定年は65歳とされています。

身分は公務員ですが、期末勤勉手当(賞与に当たる報酬)は支給されません。

定年まで毎月決まった給与金額で一切の昇給もありません。(ちなみに年間300万円ぐらいです)

朝7時00分からスタートして、夕方6時25分にバスを車庫入れして、掃除を済ませて7時00分頃に就業です。

つまり、毎日12時間拘束された形になっています。

実際にバスを運転する時間は7時間ほどですが、休憩時間などを含め実労働時間が8時間に収まっている計算になっているそうです。

しかし、実際にはバスから離れることが出来ない待機時間が3時間ほどあるのですが、これを勤務時間に含めると、基準の労働時間をオーバーするので、勤務時間外の扱いとされています。

この状態を4年近く続けていますが、正直年々身体がきついです。

当然バスですから時刻表のとおりに運行しなければなりませんので、時間の自由度は一切ありません。

ほぼ車中ですので、人に相談するような時間もありませんし、信頼できる相手もいないので、そもそも職場にその人間関係が構築できません。

ストレスチェックの結果

2018年11月にストレスチェックがありました。

これまでにもチェックはありましたが、気を使って正直にチェック出来ていませんでした。

今回のチェックは正直に自分の状況をチェックしてみたのですが、その結果が写真の通りです。

このチェック結果を受けて、おおよそ思っていたような結果でした。

労働基準衛生法では、先に記述している通り、労働者に対する不利益取り扱いの防止が謳われてはいますが、個人的に疑心暗鬼になっているのかもしれませんが、面談相談は恐ろしくて出来ません。

担当医師への相談を希望することで、自動的にこのチェック情報が、事業所の人事課へ渡されるのです。

すると次のような流れになると想像できます。

そもそも私は非正規雇用で1年ごとの契約更新ですから、調子が悪いのなら次の更新はやめましょうという流れになります。

制度上不当な扱いに該当しないのです。

面倒な職場の環境改善を実施するよりも、働く人間を取り換えた方が、事業者側からすれば手っ取り早いと思うのです。

これが、正規職員であれば労働者に対する不利益取り扱いの防止内容も該当するのかも知れませんが、立場の弱い非正規雇用では、状況が全然変わって来るのです。

また、相談を依頼する医師の名前を見たら、知っている医師で落胆を隠せませんでした。

以前にも精神疾患で何度か受診した経験があるので、その担当医師を良く知っているのですが、詳しくは申し上げませんが私には合わないタイプの医師です。

今回のストレスチェックについては、正直にチェックしてみたのですが、その結果ますますストレスが増えると言う結果になってしまいました。

生活をしなければなりませんから、直ぐに辞めることが出来ませんが、出来るだけ早い段階で、この仕事から逃れなければ、また以前のようなつらい状態になるのではないかと感じています。

【追記】

効果はまだ不明ですが、最近気分が沈みがちなため、試しに飲んでいるサプリメントをご紹介します。

販売元 株式会社リラクル
商品名 【リラクミンシリーズ】


1ケ月程飲んでいますが、あくまで主観ですが少し気分も良くなって来てます。

粒も小さいので、飲みやすいです。

錠剤ですので、とくに苦みとかの味は気になりません。

少し漢方独特の匂いはあります。

一袋60錠入り(約1ケ月分)一回3錠を1日2回飲みます。

【ご注意】
サプリメントは健康食品です。
健康効果等が保証されるものではありませんので、説明や注意書き等をよく確認したうえで、よく検討してから購入しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, 健康

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.