お金と仕事 コラム 自己啓発

トップセールスマンの手法と思考

ビジネスの世界で常に結果を残す

トップセールスマンと呼ばれる人たちは

一体どのような思考をしているのでしょう?

 

ビジネスの根本には

やはり営業スキルのウエイトは大きいので

もし、それがわかれば

少しでもビジネスに生かせると思います。

 

そこで今回のお話は、

トップセールスマンの手法と思考について

お話してみたいと思います。

過去の体験から考える

私の過去の体験で感じたことを話します。

 

あなたは過去に仕事などで

人を上手に言いくるめて、

思い通りにしてみたことはありますか?

 

または、その反対に

上手く言いくるめられて、

後で気が付き悔しい思いを

したことがありますか?

 

恐らく皆さんの多くは

上手く言いくるめられた経験の

記憶の方が強いと思います。

 

私もこれまで様々な職種に尽きましたが、

特に政界に関係する仕事では、

言いくるめたり言いくるめられたりと、

どちらも日々頻繁に起こっていました。

 

表現は悪いですが、

日々腹の探り合いや

騙し合いの様な世界です。

 

ある新聞記者には、笑顔で取材を受けた翌日

都合のいい様に事実を捻じ曲げられて、

まるで犯罪者のような報道記事を書かれました。

 

質問に普通に答えた言葉を、

自分たちの都合のいいように

つなぎ合わせては

あたかもそれが事実であったかのように、

上手く新聞記事を掲載していくのです。

 

またビジネスでは、裏の裏をかかれ

うまく情報だけを抜かれて、

根こそぎ仕事を奪われる事もありました。

 

病気になり、家庭も失い、事業も失敗し

借金を抱える破目になりましたが、

それも今思えば良い勉強でした。

 

私自身がなぜ失敗したのか?を

過去の体験から分析すると

それは精神、つまり内面が

成熟してなかったに尽きます。

 

トップセールスマンと呼ばれる人達は

テクニックやスキルはもちろん優れていますが、

それ以上に内面を磨いている人なのです。

現代の商人

実は人はノウハウやテクニックで

ある程度簡単に人を言いくるめ

騙すことが出来ます。

 

言葉巧みに、さもそれが

本当であるかのように、

相手を上手に信用させることが

出来るのです。

 

詐欺の様に人を騙すのは論外ですが

言葉巧みに人を信用させる

テクニックは実際に存在します。

 

実際にそれを

インターネットで行っているのが、

いまインターネットで

荒稼ぎしている人達です。

 

訪問販売や店舗でのセールス等、

日本の商人の手法を

インターネットに応用しているから

荒稼ぎすることが出来ています。

 

日本は古くから商売が盛んな国でした。

 

実際に日本の歴史を遡ってみても、

日本を支えていたのは

商人であったともいえるのです。

 

江戸時代に日本の経済は

大きな発展を遂げましたが、

その発展を支えたのが

「大坂商人」と呼ばれる

ビジネス集団でもありました。

 

既にセールス手法は

確立されていているので、

それを知っている人と知らない人とで、

貧富の差が生まれるのです。

大切なことは内面を整える事

既に確立されている

セールスの手法が悪用されてしまうと

とんでもないことになります。

 

ですから、その手法を

指導する人の資質が問われます。

 

また指導者もきちんと教える人を

厳選しなければなりません。

 

心根の良くない人に教えてしまうと、

それを詐欺として悪用してしまうからです。

 

ただ、きちんと教わりたい人は、

まず手法やテクニックの前に、

やるべきことがあります。

 

それは、人としての良心、澄んだ清い心、

徳を積む精神というような、

内面を綺麗にすることを意識することです。

 

この思考が整えば、

きちんと学ぶべき時期がやってきます。

 

徳を積みながら成功したい!

と願う人には、

その道が向こうから

やって来るのです。

 

なぜなら、あなたのやるべきことは、

既に決まっているからです。

 

焦らずにじっくり学びを続けましょう。

 

最後までお読みいただき、

感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.