お金と仕事 コラム

認知機能を逆手に取ったテクニックが身を守る

ビジネスを始めたばかりの頃は、

経験も実績もないので、

何かを販売するときにも

根拠となる数値を示すのが

なかなか難しいことがあります。

 

大きく見せようと根拠のない数字を上げると

詐欺などの罪に問われかねません。

 

そこで、今回はビジネスが上手な人が

よく使っているとされるテクニックの

お話をしてみたいと思います。

認知機能を逆手に取ったテクニックが身を守る

人生の成功というものは、

何もお金を稼ぐことだけではありません。

 

しかし、お金を稼ぐことが

成功の一つであることも

また間違いではありません。

 

実際に今の社会で生きるには

少なからずお金は必要ですし、

多くあればそれだけ可能性も

また大きくなります。

 

なので余程欲の無い人でなければ、

殆どの人はお金を稼ぎたいと

思っていると思います。

 

ならば知っておかなければならない

大切なテクニックがあります。

 

それが数字のマジックです。

 

この数字のマジックは、

人の認知機能を逆手に取った、

ちょっとあくどいテクニック

ともいえます。

 

とは言え人を騙したりすることを

目的としているのではありませんので

その点については

誤解の無いように願います。

 

さて、認知機能とは、

ものごとを正しく理解して、

適切に実行するための

機能のことを言います。

 

実は私達の暮らしの中にある

コンビニやスーパーなどでも、

気が付かないうちに

この認知機能を逆手にとった

数字のマジックが蔓延しています。

 

私はこのテクニックを

自分では使ってはいません。

 

ですが、このテクニックを理解すれば

詐欺まがいの連中等から

自分のビジネスや生活を

守ることができるので、

是非とも知っておいて欲しいと思います。

数字のマジックとは?

では、数字のマジックとは

一体どのようなものでしょうか?

 

例えば、雑貨屋さんがあるとします。

 

その雑貨屋さんでは、

昨日の来客数は2人で、

今日の来客数は10人でした。

 

ホームページやブログ、

チラシなどの広告媒体に、

「今日は昨日より8人お客さんが増えた。」

と書いて配信するよりも

「今日は昨日よりも5倍もお客さんが増えた。」

と表現する方が何かスゴイ感じに思えます。

 

この数字のマジックを使うと、

実際の数字よりも売れているイメージを

見ている人に与えることが出来るのです。

 

また、ポイント5倍・10倍キャンペーンなどの

広告をよく目にすることがありますが、

それらも、同じように数字のマジックで、

いつもよりお得感があるように

思わされて購買意欲を掻き立てるのです。

 

私たちの暮らしの中では、

身の周りにこのような

数字のマジックが沢山溢れています。

 

実は上場企業等も上手く

細かい数字のマジックを使っています。

 

私は株式投資をしませんので、

詳しくはわかりませんが、

株価に影響するIR情報というものがあり

上場企業は必ず定期的に

自分たちの売上げや今後の方針などを

株主に説明することになっています。

 

そして、それを判断材料として、

株主は成長しそうな企業に投資します。

 

株主は企業の売り上げを

「1%⇒4%で+3%UP」というより、

「今期の売り上げは4倍」

と表現することで

他の個人投資家の投資を誘うのです。

 

こうした数字のマジックが

至る所に蔓延していて、

それに操られている人が

実は沢山いるのです。

まとめ

私達が自分の考えや意志で

物事を選択できれば、

意外と簡単に稼ぐことは可能です。

 

多くの人が数字のマジックの罠に陥り、

操られて行動している時に、

数字のマジックの罠に気づき、

自分の意志で行動した人は

必ず違った成果を上げることができます。

 

しかしながら、数字のマジックを

悪戯に乱用してはいけません。

 

もし何かビジネスを実施する場合に

ごまかしの効かない根拠のある数字

というものを持っていなければ、

結果的には商売は成り立ちません。

 

例えば、資本金や売上実績、

商売の継続年数などの数字は、

法的にごまかしが効きません。

 

また、何かを追求し続けて

磨き上げた商品やサービスは、

何もしなくてもその価値を認められ

売れていきます。

 

ただその実績や経歴にない間は

逆にこの数字のマジックを理解し

上手に使う必要があると言う訳です。

 

数字のマジックを理解していれば、

操られることなく

自分らしく商売をすることが

できるようになるでしょう。

 

最後までお読みいただき、

感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, コラム

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.