お金と仕事 コラム 自己啓発

自己実現欲求を有効に活用する方法

YouTubeなどで

「あなたも明日には100万円稼げます!」とか

「この教材を買えば必ず稼げますよ!」

等と配信している自称成功者が

沢山いらっしゃいます。

 

決して全員とは言いませんが、

上記のような配信をする方には、

詐欺まがいの情報配信者も

少なからず紛れ込んでいますので要注意です。

 

目を引く派手なパフォーマンスや

簡単な儲け話には、

必ずと言っていいほど罠があります。

「詐欺」の画像検索結果

 

ここでは地味ですが地道に学びを積み重ね、

決して目立ちませんが

確実に成功に近づくための

思考方法をお伝えします。

 

私たちは忙しい日々に追われるうちに

つい忘れがちになるのですが、

実は私たちの身の回りには

役立つ貴重な学びの宝庫なのです。

 

私自身まだまだ学びが浅いので、

間違った解釈もあるかも知れませんが、

どうかお読みいただければ幸いです。

 

この配信が皆様の生活において、

少しでもお役に立てば幸いです。

 

今回は「自己実現欲求を有効に活用する方法」についてです。

自己実現理論とは

自己実現理論とは、

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」

と仮定し人間の欲求を5段階の階層で

理論化したものです。

 

第一階層 生理的欲求

生命を維持するための本能的な欲求で、
食事・睡眠・排泄などのことです。

生きるための基本的で本能的な欲求のことです。

第二階層 安全欲求 

安全性、経済的な安定、健康状態の維持、
暮らしの水準、
事故の防止、
保障の強固さなどを得ようとする欲求です。

予測可能で秩序だった状態を
得ようとする欲求のことで、
危険を回避して、安全に暮らしたい
という欲求が含まれます。

第三階層 社会的欲求

生理的欲求と安全欲求が
十分に満たされると、
この欲求が現れます。

集団に属したり、
仲間が欲しくなったりする欲求です。

第四階層 尊厳(認知)欲求

自分が集団から価値ある存在と認められ、
尊重されることを求める欲求です。

第五階層 自己実現欲求

これらの四つの欲求が
すべて満たされたとしても、
自分に適していることをしていない限り、
新しい不満が生じて落ち着かなくなります。

自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、
創造的活動がしたいなどの欲求です。

「自己実現欲求とは」の画像検索結果

質問に答えてみてください。

ここであなたに質問があります。

あなたが今この記事を読んでいるという事は、

何かしらビジネスや人生について

学ぼうとしているはずです。

 

では、その学びを通じて

以下の質問に答えてみてください。

 

あなたは最終的に、何がしたいですか?

 

お金を稼いで、何をしたいですか?

 

お金を稼いだ、その先にあるものは何ですか?

「質問?」の画像検索結果

引き寄せの法則では、

成功した時の幸せを今感じることで

富が引き寄せられると言われています。

 

現時点で成功していなくても、

成功した時の幸せを

今に感じることが出来れば、

時間差で同じ波動の現実を引き寄せ、

あなたはお金持ちになれる法則です。

 

これを踏まえて、もう一度質問を繰り返します。

 

( )内は私の場合の回答例です。

 

Q、あなたは最終的に、何がしたいですか?

A、(副業をして小さく成功したい。)

 

Q、お金を稼いで、何をしたいですか?

A、(親孝行がしたい。社会に貢献できる仕事がしたい。)

 

Q、お金を稼いだ、その先にあるものは何ですか?

A、(心のやすらぎ、安心感。)

「安らぎ」の画像検索結果

おわかりでしょうか?

最終的に手に入れたいものは

お金ではなく心のやすらぎと安心感なのです。

 

お金は、それを得るための

手段でしかありません。

 

前述したように、

引き寄せの法則では、

今に幸せを感じる事が、

富を引き寄せる方法です。

 

稼いだ後の幸せを

先に感じることが出来れば、

時間差で思考が現実化され、

結果的に成功者になれるのです。

自己実現イメージを実感する

あなたが成功を目指す時、

自己実現の5つのステップを

登っていくはずです。

 

引き寄せの法則にあるように、

今この瞬間に自己実現したときのことを

先に想像し、その幸せを感じて見ましょう。

 

その想像に本当の幸せを

感じることが出来れば、

あなたの成功は現実となるはずです。

 

そんなことで成功すれば苦労はしないと

思われるかもしれませんが、

多くの成功者が、この不思議な力を

意識するか意識しないかは別として

結果的に取り入れていることは

紛れの無い事実なのです。

 

最後までお読みくださいまして

感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.