お金と仕事 コラム 自己啓発

収支を把握しお金を支払うことに感謝すればお金の不安はなくなります

 

今はまだ本格的にビジネスを始めていませんが、

いずれは副業からビジネスを始めようと考えています。

 

なので今の内から経費として落とせるものや、

無駄な出費をなるべく抑えることを

意識するようにしています。

 

とはいっても詳細に税の制度を

勉強してる訳ではありません。

 

しかし、

少なくとも収入と支出の内訳ぐらいは

日頃より把握しておく習慣を

つけておくと良いでしょう。

 

今回は、自分の収支を把握しておくことが、

ビジネスには必要であると言うお話をしていきます。

収支の状況を把握しておこう

3月の年度末が近づくと、

事業者の方々は所定の期間内に確定申告へ行かれます。

 

私は現在のところ会社員なので

会社が源泉徴収をしてくれますので、

確定申告へ行く必要はありません。

 

ただし、個人事業主の登録をしているので、

その分の収入に関しては、確定申告が必要となります。

 

しかし、会社員は会社が申告をやってくれるので、

意外と税に関して詳しく知らないことも

多いのではないでしょうか?

 

一般的に会社員の方と言うのは、

生活の中でかかった費用を

経費で落とすと言う感覚が

あまりないように感じます。

 

そういったお金に関する感覚の違いが、

浪費や無駄遣いの要因になることも

あるような気がします。

 

個人事業主の登録をしてからは、

自分も一事業主という自覚も生まれたので

無駄な出費がなくなりました。

 

なので、光熱費や食費、通信費や、

毎月のローンの返済金など、

ある程度決まった収支を把握できるようになりました。

 

収支の把握をきちんとしているだけで、

どこに無駄があるかが見えてきます。

 

お金の収支を把握しておけば、

お金に対しいて無駄な不安がなくなりますので、

皆様も是非やってみてはいかがでしょうか?

支払いの時の思考を変える

収支をはっきり把握していき、

出来るだけビジネスを意識しながら

お金に向かい合っていると、

お金の価値観や見方も変わってきます。

 

無駄な出費がなくなるうえに、

削ることのできない必要経費に対しては、

これまでの様に勿体ないと感じるのではなく、

有難いなぁという感謝の気持ちに変わってきます。

 

例えば、

あなたが毎月使っているご家庭の電気料金は

いくらぐらいでしょうか?

 

もし仮に2万円の支出だったとします。

 

これまでのお金の価値観で見ると、

その電気料金の2万円を払うときに、

お金が減るなぁとか、

結構使ってお金が勿体ないなぁ

と感じていませんでしたか?

 

でも、こう考えてみてください。

 

少し極端な考え方ですが、

もしその電気を自分で一から全部作ろうとしたら、

一体いくらかかるでしょうか?

 

当然、2万円では作れませんよね?

 

しかも、災害などの特別な場合を除いて、

毎日昼夜を問わずに電気を使えるように

してくれているのです。

 

いやぁとっても有難いことだと、

私は思うように切り替えました。

 

必要な経費を全てそのような見方に変えたとき、

いやぁ有難いなぁと感謝の気持ちで

お金を支払うことが出来るようになります。

 

すると、これまでのような

お金への執着がなくなります。

 

料金が高いと不満に思って電気を使っても

電気料金が安くはなりません。

 

不満に思っても感謝しても、

かかる電気料金は変わらないのです。

 

だったら、どうせなら感謝の気持ちで

使わせて頂こうではありませんか。

 

そうやって、お金ひとつ取ってみても、

自分の内面をちょっと変えると、

同じものでも見方が全然変わって見えるものです。

 

価値が全く違ってきます。

 

私たちは、水や電気やガスなど

当たり前のように使っています。

 

そして、

日ごろ感謝の気持ちも忘れがちになりますが、

支払いの時にそれらに対する

感謝の気持ちを思い出して、

有難いなぁと感じてみてください。

 

きっと少しづつ、

外側の環境も変わってくると思います。

 

そうした積み重ねが、

きっとあなたの未来を変えて行きます。

 

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.