お金と仕事 コラム

お金がない不安!明日からどう生きる?そんな不安の克服方法を教えます

 

お金が無いことの不安を

あなたはどう思いますか?

 

お金があっても、

お金では決して

幸せにはなれません!

と良く人は言いますが、

そんな精神論を聞かされても

直ぐに不安が消えたりは

しませんよね。

 

今回はそんなお金に対する不安と

その克服方法について解説してみます。

お金があれば幸せ?

お金があれば

何でも好きなものが買えるし、

嫌な仕事をしなくても済むし、

好きな所へ旅行にもいけるし、

病気になったら良い医者にも

掛かることが出来る。

 

でも、

お金があっても、

もし仮に国が破綻してしまえば、

お金なんて持っていても

ただの紙切れにしか過ぎません。

 

どちら意見も正しいような

気もするしなぁ?

 

うーん?

実際のことろ

どうなんでしょうか?

 

じゃぁ?

結局お金があったら

幸せなんでしょうか?

不幸なんでしょうか?

 

それを考えるときに参考になる

次のような研究結果があります。

 

2002年にノーベル経済学賞を受賞した

アメリカプリンストン大学の

ダニエルカーネマン教授の研究で、

「収入と幸福度」を調べた

興味深い研究結果です。

 

その研究は10万人を対象に調査したそうで、

人は年収が7万5千ドル(約900万円)までは

年収と幸福度が比例して上がるそうです。

 

でも、それ以上になると

あまり幸福度は変わらないという

結果が出たそうです。

 

つまり、

年収がある一定額までは

お金で幸せを感じることができますが、

一定額を超えると

お金が幸せの基準じゃなくなるようです。

 

その一定額が年収900万円

ということです。

 

日本における

年収900万円以上の人口は

以下の通りです。

 

2016年 国税庁

「民間給与実態統計調査」を基に

給与階級別の年収状況を算出。

年収 男性 割合 女性 割合 合計 割合
100万円以下 91万人 3.18% 330.9万人 16.49% 421.9万人 8.66%
100万円~ 207.4万人 7.25% 503万人 25.07% 710.4万人 14.59%
200万円~ 364.6万人 12.74% 431.4万人 21.5% 796.1万人 16.35%
300万円~ 522.2万人 18.25% 331.4万人 16.51% 853.6万人 17.53%
400万円~ 500.8万人 17.5% 194.3万人 9.68% 695.1万人 14.28%
500万円~ 366.6万人 12.81% 99.7万人 4.97% 466.3万人 9.58%
600万円~ 243.3万人 8.5% 47万人 2.34% 290.2万人 5.96%
700万円~ 175万人 6.11% 27.1万人 1.35% 202.1万人 4.15%
800万円~ 120万人 4.19% 14.5万人 0.72% 134.5万人 2.76%
900万円~ 82.2万人 2.87% 8.4万人 0.42% 90.7万人 1.86%
1000万円~
1500万円
137.8万人 4.81% 14.2万人 0.71% 151.9万人 3.12%
1500万円~
2000万円
30.4万人 1.06% 3.2万人 0.16% 33.6万人 0.69%
2000万円~
2500万円
9.7万人 0.34% 1万人 0.05% 10.7万人 0.22%
2500万円以上 11.2万人 0.39% 0.8万人 0.04% 12万人 0.25%
合計 2862.2万人 100% 2006.9万人 100% 4869.1万人 100%

引用;年収ガイド

 

年収900万円以上の人って、

労働者全体の5~6%程なんですね。

 

何が言いたいかと言うと、

要は殆どの人は

お金で幸せを感じるのです。

 

いくら綺麗ごとを聞かされても、

お金がある方が幸せだと感じるのは

仕方ないのです。

 

だって年収900万円超えて無い人が

殆どなんですから。

 

だから言いたい事は、

お金が無くて不安だと思う事は全然普通ですし、

ごく当たり前に多くの人が持つ感情なので、

まずは自分がお金の亡者じゃないことを

きちんと理解して一旦落ち着きましょう。

 

お金を欲しがることは

悪い事ではありませんから。

 

経験したことがある人でないと

わからないとは思いますが、

お金を失うことの恐怖は

本当に生きた心地がしません。

 

ある人は呼吸困難になったり、

うつ病になったり、

パニック障害になる人もいたり、

本当に自殺してしまう人がいるほど

不安に押しつぶされてしまうのです。

 

経済的に苦しくて、

今は不安しか湧き上がらない・・・

そんなあなたの気持ちが

私には痛いほどよくわかります。

 

私自身も数年前まで同じ状況にいたからです。

 

お金の問題があると、

人間は本当に心が真っ暗になります。

 

このままお金が無くて

住む家もなくなり、仕事も失い、

家族も失い、病気になっても

病院にも行けなくなったら・・・

 

そんな時に、

目の前のコンビニに横たわり、

ワンカップのお酒を飲んでいる

ホームレスの人が目に写ります。

明日は我が身と思えて

益々不安が込み上げてくるのです。

 

そんなことを四六時中考えていると、

ストレスが溜まり夜も眠れずに

精神を病んでしまいます。

 

お金の心配を抱えている人は、

長引くと本当にストレスで病気になります。

 

現実に私がその経験者です。

 

そして、

引き寄せの法則が見事に働き、

健康と仕事と家族と友人と

信用を失いました。

 

唯一残ったのは、

家とそのローンだけです。

 

この記事を読んでいるあなたには、

私と同じような経験をして欲しくありません!

 

お金の心配で病気になるのは

本当に地獄です!

 

では、前置きが長くなりました。

 

お金が無くて不安に襲われる恐怖を、

如何にして克服するかという方法について

お話していきたいと思います。

お金を稼ぐより先にまずは不安を拭い去る

お金を稼ぐことも大切なのですが、

それ以上に大切なのは

お金がない!お金がなくなる

という不安を拭い去ることです。

 

なぜなら、

不安感タップリで稼ごうとしても、

気持ちばかりが焦り詐欺に騙されたりして、

返ってお金を失うことにも

成り兼ねないからです。

 

現在お金のことで

本当にどうしたらいいか?

と頭を抱えている人がいたら、

最後まで記事を読んでみてください。

では、順を追って解説していきます。

 

まずは気持ちを楽にして、

深呼吸をしましょう。

 

お金の不安を抱えていますが、

まずは不安を克服することが先決です。

 

そのために、

まずこう考えて見てください。

 

生きて行くうえで最悪のケースとは、

一体どういった状況のことでしょうか?

 

世界の状況に目を向けて見てください。

 

この世界には本当に食べる物に困っていて、

病気や飢餓に苦しみ、身体は痩せ細り、

まともに食事が出来ずに

飢えで死んでいく人達がいます。

人が生きるために

最初に必要な事は、

飢えをしのぐことです。

 

ですから、私達がお金が無くて

不安に感じるという事は、

突き詰めれば

食べて行けなくなることへの

恐怖と言えるのです。

 

究極、お金が欲しいわけではなく、

食べ物が欲しいわけです。

 

そこで、冷静に考えて見てください。

 

日本国の1910年(明治43年)での人口は

約5千1万人でした。

 

しかし、

100年後の2010年(平成22年)には、

約1億2千8百万人と

倍以上になってピークを迎え、

現在は若干減少傾向になっています。

 

僅か100年で人が倍増するほど

日本は豊かな国だという事です。

 

江戸時代には飢饉などで

餓死した人も沢山いたようですが、

今の日本でそこまで

極端な飢饉が起ることは考えにくいです。

 

ですから、

変なプライドさえ捨て去れば、

日本では飢え死にすることは

ありませんからご安心ください。

 

ただし、

プライドは捨てる必要がありますが、

これも考えればちっぽけなものです。

 

所詮人の感情が作り出す

幻想のようなものです。

 

私自身病気に苦しみ仕事もなく、

ハローワークでは障がい者のように

扱われました。

 

自分の蒔いた種なので

受け止めてはいますが、

信用は完全になくなり、

積み上げたプライドなど

ボロボロに崩れ去りました。

 

免許の更新の時には、

服薬治療中で話を聞きたいといわれ、

警察署の取調室で話をさせられて、

まるで何かの犯罪者扱いです。

 

でも、

こういったことも

何度か経験するうちに

自然と慣れてきますw

 

一般の人はプライドでは

食べて行けません。

 

そんなもの有っても無くても、

生きて行くには

むしろ邪魔でしかありません。

 

私自身の経験で言えることですが、

プライドなんてなくても大丈夫です!

 

自分が思っている以上に、

人はあなたの事を見てはいませんし、

気にしてもいませんから!

 

どうしようもなくなったら、

生活保護を受けると言う

手段もあります。

 

プライドなんて気にしなくても、

頑張ってもお金が稼げない時は、

そこへ駈け込んで行けばいいのです。

 

その為の救済制度なんです。

 

誰だって、自力で稼いで

人の世話になりたくないと思いますが、

よーーく考えて見ましょう。

 

どんなに稼いでいる人だって、

自力で稼いでいるようですが、

私達のような消費者がいるから

稼げているんです。

 

だれも一人では生きていなんです。

 

ですから、本当にしんどい時は

人に甘えていいんです。

 

幸いにも日本はそんな助け合いが、

まだ出来る国なんです。

 

ちょっと違った国に生まれると、

それさえも出来ないのです。

 

気持を楽にしてください。

 

真面目な人ほど、迷惑かけちゃいけないと

自分を追い込みます。

 

でも、数百億円の借金をしていても

ノホホンと暮らしている人もいるんです。

 

もっと気楽に考えましょう。

 

そして、今出来ることを考えていきましょう。

 

借金があれば少しでも減らそう

一昔前はサラ金業者が

街中に沢山ありましたね。

 

そして、

そんな金融業者の代表的なイメージと言えば、

Vシネマ映画の

難波金融伝・ミナミの帝王

ではないでしょうか?

画像引用:Amazon

 

映画はフィクションですが、

結構エゲツナイ追い込みもされています。

 

でも、現在の日本では、

映画のような取り立てはないと思います。

(あくまで普通の金融機関や

クレジット会社の場合ですけど)

 

ヤミ金は私も借りたことが無いので

正直実態は良くわかりませんが、

あまり目立ったことをすると

逆に訴えられますからね。

 

以前は玄関に貼り紙をされたり、

大声で借金取りが玄関口に来ることも

あったようですが、

現在ではそのような目立つ行為も

なくなりました。

 

しかし、

お金の問題を抱えている人の多くが、

この借金で苦しんでいます。

 

私もその1人で、

未だにギャンブル依存で作った借金と

事業失敗で作った借金があります。

 

現在総額で900万円程の

個人的な借金を抱えています。

 

これ以上増やしてはなるものかと

現在奮闘中です。

 

そして、同じように・・・

いやそれ以上に苦しんでいる人も、

沢山いると思います。

 

これも真面目な人ほど

何とかして返さなくてはと思います。

 

そして、違うところから借りてきて

返済しては、また違うところから借りる。

 

そんな自転車操業を重ねるうちに、

立ち行かなくなるケースがよくあります。

 

借金は基本返すのがルールですが、

本当に返せない時には、

腹をくくって返せない選択もあるのです。

 

借金を借金で返済しても、

あなたの利息が増えて行くだけです。

 

いま返せないのであれば、

返さないという選択もあります。

 

借金は金額が大きくなればなるほど、

問題も深刻になりますので、

傷が小さい内に早めに対処する

のがベストです。

 

いつも借金の返済があると、

給料をもらっても

殆どが返済で消えていき、

気分もどんどん凹んでいきます。

 

今ある借金は仕方ないと諦めて、

とにかく計画的に返済して

確実に借金を減らしていくこと

を考えましょう。

 

そして、新たな借金を絶対に

作らないようにしましょう。

 

私の様に住宅ローンが多いと、

定年後も支払義務が継続されます。

 

非常に大変な思いをすることになりますので、

お金に不安のある人は

絶対に借金を増やしてはいけません。

借金をしない=贅沢をしない

では、

借金を絶対にしないために、

何が必要でしょうか?

 

そう!

贅沢をしない

と言う選択です。

 

お金があれば

幸福感を感じることは事実です。

 

しかし、一番最初にお話したように、

人は年収が900万円以上になると、

幸福感は変わらないといいます。

 

それは年収が900万円以上あれば、

人は大体欲しいものが手に入るからです。

 

それ以上お金があっても、

何か物を買っても幸せには

あまり影響がないのです。

 

お金や物だけを追いかけても

キリがありません。

 

年収が1億円あっても、

それ以上に使って

困っている人もいます。

 

年収が1億円あっても、

不幸な人もいることは事実です。

 

贅沢したくて、食事やブランド品や

高級車を買ったところで、

直ぐに飽きてしまいます。

 

そのような人は、

結局最後にはお金が無くなり、

元に戻って困ってしまうのです。

 

どんなに贅沢したところで、

一人の人間が食べれる食事の量に

大きな違いはありません。

 

沢山食べれば、沢山出るだけ、

沢山食べれば、それだけ身体に負担が掛かって、

不健康になるだけなのです。

 

人は程々が一番なんだと思います。

 

お金に困っていようがいまいが

贅沢するのは大間違いです。

 

洋服や食事、普段の生活で

誰かと比べたりして、

見栄を張ったりしていませんか?

 

夢や希望は捨ててはいけませんが、

見栄やプライドは

さっさと捨て去りましょう。

 

それから、

小学校のときに習った算数を

思い出しましょう。

1-1=0

1-2=▲1

ですね。

 

つまり、

収入ー支出=残高

と言う計算を

常に意識しておきましょう。

人は生活の中で、

直ぐにこれを忘れてしまいます。

 

いずれにしても、

収入以上に支出が増えれば、

算数では間違いなく

負債が増えていきますからね。

 

これ、自分にも言い聞かせてますw

 

返済を続ける中で、

少しづつでも貯金が出来れば、

精神的にもちょっとした

余裕が生まれてきます。

 

手元に少しでも、

まとまったお金があることで、

お金のことで毎日不安になることが

無くなります。

 

冠婚葬祭などの

最低限の付き合いもありますから、

そういう時に備えて

少しでも貯金が出来れば、

かなり気分が楽になりますよ。

 

贅沢をしない=他人と比べないこと

お金がなくて不安に思う人の多くが、

実は、食べることの心配以前に

周りの人と比べて、

自分が劣っている様な気持ちになって、

不安に思っている人が沢山います。

 

私自身もその経験があるので、

気持ちはよく理解出来ます。

 

自分は事業で失敗したのに、

地道にサラーリーマンをしていた人は、

それなりの役職についていたりして、

家庭もきちんとあったりすると

とても幸せそうに見えてしまうのです。

 

それと比べて

自分の暮らしを見たときに、

物凄く劣等感のようなものを

感じて不安に陥っていました。

 

でも、これもその人達の生活の

ごく一部を見ているに過ぎません。

 

幸せそうに見えても、

実際には夫婦仲が悪かったり、

子供が虐めを受けていたり、

ブラック企業でこき使われていたりと、

真実はその人でないと

わからないのです。

 

想像で人の暮らしを羨んでみても、

自分の暮らしが

向上するわけではありません。

 

どんなに華やかな芸能界の人達も、

裏ではかなり苦しい思いを

している人もいるようです。

 

一億稼いでも不幸な人もいれば、

100万円でも十分幸せな人もいます。

 

自分がどのように生きるべきかを

人と比べても意味などありません。

 

人と比べて他人の人生を歩いても、

その先には幸せはないのです。

 

自分の人生を歩く選択をしましょう。

他人と比べない=無理をしない

私の経験上、

お金に不安を抱えていると、

仕事を探す時に

少しでも給料の良いところを

探してしまいます。

 

そして、仕事内容よりも

お金のほうに目がいってしまいがちです。

 

しかし、

無理して仕事が続かなかったり、

返ってストレスが溜まって

病気になったりしては

元も子もありません。

 

私は、うつ病でしたので、

正直出来る仕事が、

かなり限られていました。

 

前述したようにハローワークでは

障害者扱いでしたので

市の障害者施設の相談員を紹介され、

さすがの私も呆れてしまい、

自力で出来る範囲の仕事を探しました。

 

お金の心配はありましたが、

それ以上に健康を回復することと

社会復帰するこが優先と判断しました。

 

取りあえず見つかったのが、

期間雇用の郵便局の配達の仕事で、

かなり内容はブラックでしたが

何とか1年喰い繫げることが出来ました。

 

郵便局で仕事しているのに、

低所得者に支給される

特別給付金を頂きましたよw

 

プライドなんて

とっくになくなってたので

有り難く頂戴しました。

 

何が言いたいのかと言いと、

とにかく自分の出来る範囲の仕事を探して、

無理をしないことが大切だという事です。

 

状況に応じて考えましょう。

 

年齢的に高齢だと

出来ない人もいるでしょうし、

女性なら小さな子供がいるので

外で仕事が出来ない人もいるでしょう。

 

私の様に病気で働けない人もいれば、

家に介護が必要な人がいて

仕事が出来ない人だっているでしょう。

 

仕事は別に何でもいいんです。

 

パートでもアルバイトでも内職でも、

正社員にこだわる必要なんて

全く必要ありません。

 

以前のような正社員の終身雇用制度は

一部の大手企業と公務員以外

すでに完全に崩壊しています。

 

ここで、頭を切り替えていきましょう。

 

一般労働者の経験が長いと

「仕事=会社」

というイメージしか

出来ない人が沢山います。

 

冷静に考えて見ると

会社員は自分の時間を売って

お金に変えています。

 

でも、これが実は一番効率が悪く

不合理なんです。

 

8時間で20万円稼ぐサラリーマンと、

1時間で1億円稼ぐ起業家

のようなイメージです。

 

お金を稼ぐ人ほど、

このことを良く理解していますので、

自分の時間を健康の次に

大切にしています。

 

起業に関しては、

また別の機会に詳しくお話しするとして、

いっそ独立することも

検討しても良いと思います。

 

政府も正社員の副業を

推奨しているくらいです。

 

お金の不安を失くすためには、

毎日の仕事も自分のライフワークにあった、

ストレスの少ないものが良いと思います。

 

今はインターネットも普及していますので、

個人が起業できるチャンスも沢山あります。

 

色んな可能性を探って、

自分の出来る範囲で、

無理をしない仕事選びを

心がけましょう。

 

身近な人に頼ろう

お金の問題は

一人だけで解決しようとすると、

返って泥沼に陥ることがあります。

 

何度も言いますが、

変なプライドや見栄は

捨て去りましょう。

 

そして、

本当に困っている時は、

遠慮なく身近な人に助けてもらったり、

相談したりしましょう。

 

恥ずかしながら、

私も親にお金を工面してもらい

自己破産や債務整理は

現在免れています。

 

病気で仕事が4年間全く出来ませんでした。

 

なので、収入が0円でした。

 

2年間は社会保険の傷病手当で乗り切れましたが

後はもう親や嫁に頼る以外に

方法がありませんでした。

 

しばらくは、迷惑をかけた思いと

自己嫌悪感はありましたが、

これも時間が全て解決してくれます。

 

人間の脳みそって

本当に便利に作られていて、

時間が経過すると忘れていきます。

 

先ずは身近な

親や兄弟、親戚や配偶者に

相談してみましょう。

 

それで上手く行く場合もあれば、

行かない場合もあります。

 

私の場合、

親も嫁も親戚も助けてくれましたが、

嫁からは最終的には離婚を

申し込まれてしまいました。

 

しかし、

これも自分の責任ですから

仕方ありません。

 

少しづつ元気になって、

後でしっかり恩返しをして行きたいと

思っています。

 

あなたも、

もし今お金の問題で悩んでいるなら、

決して一人で悩まずに

身近な人に相談してみてください。

 

人は助けられたり、

助けたりしながら支え合って

生きています。

コツコツと堅実に健康が一番

最後に、

お金の不安を取り除くには、

お金の問題に

正面から向き合う事です。

 

そして、

出来ることをコツコツやる

しかありません。

 

宝くじでも当たれば別ですが、

もし当っても恐らく

あぶく銭は身に付かないと思います。

 

まぁまず当らないので

その心配をしても

意味がないでしょうw

 

お金の不安をなくすには、

お金を稼ぐしかありません。

 

お金を稼ぐには、

働くしかありません。

 

働くためには、

健康でなければなりません。

 

今できることに集中して、

自分の出来る限りのことをやりましょう。

 

こんな経験ありませんか?

 

リレーで走る前に

ビリにならないか

ドキドキ不安に思っていても、

いざピストルが鳴ってスタートしたら、

一生懸命走っているだけで

不安な気持ちなんて

なくなっていること。

 

これと同じような気がします。

 

お金の不安があるのであれば、

何かお金を稼げることに

一生懸命に取り組んでいれば

不安が消えて行くんです。

 

不安に思うだけでなく、

対処するための行動をしていれば、

苦しみや不安はなくなり、

きっと後に結果に繋がってきます。

 

過去に戻ってやり直すことも、

未来に行って結果を変えることも

出来ません。

 

出来ることは、

今この瞬間を精一杯生きることです。

 

その積み重ねが未来を作ります。

 

不安で状況が好転することはありません。

 

状況を変えるのは、

今行動することだけです。

 

不安な時こそ、

焦って稼ごうとせずに、

自分の出来る精一杯の

社会貢献をしていきましょう。

 

振り子の法則で必ず、

あなたにその恩恵が返ってきます。

 

お金の不安が多いと、

つい気持ちも焦りますが、

お金を追い掛けずに、

まずは自分の健康を第一に考えて、

それから取り組んでいきましょう。

 

急がば回れと言いますが、

本当にその通りです。

 

稼ごうとするほど

稼げなくなるのです。

 

稼ぎたければ、

まずは健康第一でいきましょう。

 

私は沢山のものを手にして、

沢山のものを失いましたが、

この失敗から学べることも

沢山ありました。

 

ものは考えようです。

 

お金だけが人生じゃありませんが

お金は大切です。

 

でも、

お金に振り回される人生ではなく

上手にお金を振り回せるような人生に

切り替えていきたいと思います。

 

今回のお話が

皆様のお役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、

感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, コラム

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.