お金と仕事 人間関係 健康

メンタル疾患のある人に向いている仕事とは?

うつ病等で精神科に通院しているという人もいると思います。

ある程度症状が安定してくると、やはり生活がありますので仕事を探さなくてはなりませんよね。

メンタルに疾患があると、人によって様々ではありますが、仕事がなかなか見つからなかったり、やっと見つかっても長続きしない場合があります。

メンタル疾患がある人に向いている仕事について、自分の体験から考えてみたいと思います。

メンタル疾患になる原因

そもそも、うつ病などのメンタル疾患になる原因のひとつに、仕事上のストレスはよくある問題です。

仕事上のストレスを調べた場合、その90%以上が人間関係の問題であることが、ある研究でわかっています。

つまり人間関係が原因となって、メンタル疾患などが起きる可能性が高いのです。

メンタル疾患のある人は、全員ではありませんが、比較的コミュニケーション力が低い事も一つの特徴としてあるようです。

そうなると、例えば職場で気の合わない上司と一緒になった場合、コミュニケーション力がれば、ストレスにならないように上手に回避して仕事することも可能ですが、コミュニケーションが下手な人は、そこでつまづいたり衝突したりしてしまい、柔らかく対応できないと言うな事も起こりやすくなります。

コミュニケーション下手と言うようなものが、一つのメンタル疾患の原因になりやすいと言うことはあります。

どういった仕事が向くか?

以上のようなことを考えると、新しく仕事を探す場合には、出来れば人間関係があまり問われないような職場と言うのがベストだと考えられます。

しかし、そういう職場を実際に探すとなると、なかなか難しいとは思います。

ですから、まずは一人で出来る仕事を選択することを考えてみましょう。

例えば 、仕事のスタイルだけど見てみると、SEとかプログラマーの仕事は、一人でパソコンに向かってできる部分が多いのです。

他の業種よりもコミュニケーションや人間関係をあまり必要としない部分もあるので、コンピュター関係に興味がある人は、検討してみてはどうかと思います。

ただし、会社によって運営方法も様々ですので、打ち合わせや進み具合などで、何かと人と関わらないわけにはいきませんから、一概にコミュニケーション力が必要ないとは言い切れません。

また、この業界はかなり仕事量も多く、システムは常に変化を求められますので、結構キツイ分野でもありますから、ブラックな企業に就職して以前より体調を崩すようなことが無いように注意しなければなりません。

営業などで接客するような仕事は、常にコミュニケーション力を必要とするので、そういう仕事はちょっと難しいのではと考えます。

私もうつ病になる以前は、営業活動を毎日しておりましたが、現在はとてもそのような仕事をする気にはなれないのが正直な気持ちです。

自分のコミュニケーション力が高いとか低いとかの問題以前に、人と出来るだけ関わりたくないという気持ちが強かったですね。

そうはいっても、人と一切かかわらずに仕事を探すのは至難の業です。

私は現実的には、少し良くなったときに最初に就いた仕事は、郵便局の期間雇用社員での郵便配達の仕事です。

多少は小包や書留などで、サインや印鑑を貰う必要もありますし、集配もありますが、割合からすると郵便物の配達業務が多かったので、比較的一人の時間が多く取れたので、病み上がりで始めるには、社会に慣れるという面からも非常に有難い仕事でした。

そのあとに、現在の市営バスの運転手の仕事です。

この仕事も、お客さんが乗れば多少の会話はありますが、基本的にこちらから積極的に話しかけなくても良い仕事なので、人間関係やコミュニケーション力があまり必要でないので助かっています。

そういう面で言えば、私自身は経験していませんが、トラックや宅配などのドライバーなどの仕事も、比較的一人でやれる時間が多いので、検討されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

メンタル疾患があると、どうしても向く仕事と向かない仕事があると思いますので、自分に向いている仕事を慎重に選ぶようにしましょう。

出来るだけコミュニケーション力があまり必要でないような仕事を選ぶことがポイントです。

まずは仕事をして社会復帰をする段階まで行ければ十分ですので、勤めてみて以前と同じように疾患が再発するようであれば、症状が酷くならないうちに早めに専門医などに相談することをオススメします。

仕事をしているとメンタル的に辛い思いをする事は沢山あります。

あなたがするべき仕事は、病気になってまでやる仕事ではありません。

病気になると言うことは、ある意味で向いていないと言う身体からのサインでもありますので、勇気をもってその仕事を辞めると言う選択をしましょう。

参考にしていただけると幸いです。

サプリメントのご紹介

私も最近気分が沈みがちなため、自分で購入して飲んでいるサプリメントをご紹介します。

販売元 株式会社リラクル
商品名 【リラクミンシリーズ】


1ケ月程飲んでいますが、少し気分が落ち着いてきました。

あくまで、色んな環境の影響もありますので、一概にサプリメントの効果とは言えないかも知れませんので、そのあたりはご理解願います。

サプリメントは、粒も小さいので大変飲みやすいです。

錠剤ですので、とくに苦みとかの味は気になりません。

少し漢方独特の匂いはあります。

一袋60錠入り(約1ケ月分)一回3錠を1日2回飲みます。

【ご注意】
サプリメントは健康食品です。
健康効果等が保証されるものではありませんので、説明や注意書き等をよく確認したうえで、よく検討してから購入しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, 人間関係, 健康

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.