中高年

ネットビジネスでのツイッターの上手な利用方法と注意点について

ネットビジネスを志して、

少しでも安心して穏やかに暮らせるように

皆さん懸命に現実と戦っていると思います。

 

最近は、フェイスブックやツイッターなどでも

情報配信をさせて頂く機会が増えましたので、

いろんな情報を共有できるようになりました。

 

本当に多くの人が自分の人生に真剣に向き合い、

取り組んでいらっしゃると感じます。

 

今回は、大変便利なSNSツールのツイッターについて、

ビジネスへの上手な利用方法と注意点について

お話してみたいと思います。

 

SNSはコピーライティングの訓練になる

最近は私もツイッターへの投稿が増えています。

 

私が配信する際は、

毎朝ひとつ伝えたいことを投稿していますが、

投稿前夜に大まかな配信内容を決めています。

 

ツイッターは一投稿につき

140文字までしか書けません。

 

簡潔にまとめて伝わる文章を作となると

これが意外と大変なんです。

 

しかし、その文章構成を考えていると、

余分な言い回しを修正したり、

簡潔で分かりやすい表現を考えたり、

いろいろとコピーライティングにも使える

勉強になることがたくさんあります。

 

如何に簡潔に分かりやすく伝えるかを

実践で鍛えることが出来るので、

取り組み方次第では、

大変便利に学べるツールだと思います。

新しい知識が増える

また、ツイッターの利用者には、

色んなキャラクターの方がいるので、

本当に幅広い情報を取り入れることが出来ます。

 

自分の知らない情報を教えてもらったり、

ツイッターで、はじめて知ることも

かなり多くあります。

 

なので、SNSをしていない時よりも、

かなり早く新しい情報に触れることが

出来るようになりました。

 

これも、SNSを利用してからの

新しい発見だと思っています。

情報過多になるので要注意

先ほどお話したように、

ツイッターには、たくさんの情報があります。

 

早く新しい情報に触れることが出来る反面、

自分に必要のない情報もかなり沢山あります。

 

配信されている方の中には、

フォロアー数を増やすことが目的であったり、

リツイートなどで拡散希望される人がいたり、

その目的も様々なようです。

 

多くの場合、フォロアー数を増やす目的は、

おそらく集客ではないかと思います。

 

セミナーへ誘導したり、

稼げるノウハウなどの情報商材の販売へと

誘導されることもあるようです。

 

ネット上にはこういった情報商材が、

山のようにありますので

ツイッターをするときも十分注意が必要です。

 

ツイッターは、目的をもって利用すれば

いろいろ学ぶ事も出来る便利なツールです。

 

なので、是非とも自分のビジネスにも

上手に取り入れていきたいと思います。

まとめ

ツイッターは、コピーライティングを

実践で学ぶことが出来る非常に便利なツールです。

 

また、メンターの元で共に学ぶ方とも情報交換ができ、

孤独で地道な作業のモチベーションを

あげることができるうえに、

いち早く色んな情報に触れることが出来る

たいへん有難いツールです。

 

但し、様々な情報があり過ぎるので、

十分に取捨選択をして、

不要な情報は遮断することが大切です。

 

便利なツールは、うまくビジネスに

取り入れていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-中高年

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.