お金と仕事 中高年

老後資金の不安を払拭する方法【老後資金がそんなに必要ないという理由】

これから益々貧困の差が広がる格差社会になると言われています。

自分の現状や将来を考えたとき「下流老人」や「老後貧乏」等々の言葉が蔓延していて、老後生活に対する不安を更に強く感じている人も少なくないでしょう。

そういう私もそのひとりです。

色々な記事を読んだり調べたりしても、老後資金が1億円必要と言う人いれば、3000全万円と言われてみたり、果ては必要ないと言う人まで様々です。

結局どれが正しいのか?良く分かりません。

しかし、必要な老後資金というものは、その人がいくらあれば安心できるか?という事でもありますから、生活水準をどこに設定するかで、当然個人差があるとも言えます。

では、どうすれば老後不安を払拭できるのでしょうか?

今回はそんな老後資金について、考えて見たいと思います。

老後資金3000万円必要論の根拠を考える

総務省の家計調査によれば、男65歳女60歳以上の夫婦二人の高齢者世帯の場合、年金を中心とした平均収入と、支出を差し引きすると「ー6万円」という数字が出るそうです。

つまり、不足する6万円分を預貯金を取り崩して使っていることになります。

6万円×12ケ月=年間72万円です。

たまには外食や旅行に行くことも計算にいれていくと、少し余裕をもって不足分を月8万円と仮定します。

月8万円×12ケ月=年間96万円(約100万円)です。

つまり、60歳から90歳までの30年間を生存すると仮定します。

すると年間約100万円×30年=3000万円

老後資金に3000万円必要だとされる数字の根拠は、以上のようなことで言われていると思われます。

もっと贅沢に生活をしたければ、もっと必要になるし、もっと質素でも大丈夫と言うのであれば、少なくても済むので、これはあくまで平均的なものと判断すると良いでしょう。

老後資金の考え方

老後資金に3000万円必要と言うのは、60歳から90歳までに年金収入以外に収入がないと仮定した場合に必要な金額です。

しかし、現実問題として60歳以降でも十分仕事は出来ます。

定年も慢性的な人手不足から、今では65歳になるところも沢山出てきています。

つまり、60歳までに3000万円貯めなくてはならないのではなく、60歳以降も仕事をして年間100万円を確保できれば良いわけです。

夫婦2人世帯であれば、一人が月5万円稼げれば良い計算になります。

これを90歳まで続けるのは難しいかも知れませんが、少なくても60歳から70歳までの10年間は何とか出来そうに感じませんか?

そうして、年金受給を70歳に繰り下げ受給すれば、5年間で最大42%総額される制度等もあります。

ただし、年金制度は複雑で、限られた人になるとは思いますが、厚生年金に加入しながら年金を貰う在職老齢年金を受給していると、老齢厚生年金が停止になるため老齢厚生年金の繰り下げ増額についてはあまり機能しない場合もありますのでご注意ください。

関連記事もご参考まで
↓ ↓ ↓
将来の老後貧乏に不安を感じている人へ!今のうちに準備出来る事は?

細かな話をするとキリがありませんので、詳しくは書きませんが、要は70歳まで何とか月100万円を稼ぐことは、それほどハードルが高くないという事です。

月に8万円を稼ぐこと合わせて、毎月に支出の見直しをするだけでも月8万円を意外と簡単に捻出できるのです。

例えば、60歳以降の生命保険は、若い時の様に高額を必要としないと思いますので、まず毎月の保険料を見直してみましょう。

私は車の保険をJAの窓口の保険から、WEB申し込みできる自動車保険に切り替えただけで、年間15,000円保険料が安くなりました。

また、医療保険を毎月12,000円かけていましたが、これも保証を落としてWEB契約でに切り替えて毎月9,000円安く出来ました。

こうして一つずつ細かく支出を見直せば、生活費に回せるお金が出てきます。

老後不安の最大の要因

老後に不安を感じるのは、「一体いくら必要か分かっていないこと」にあると言えます。

不安とはこれから起こる分からないことに対するものです。

何時病気になるかわからない。

何時災害に合うかわからない。

何時事故に遭うかわからない。

その分からないものに、いくらかかるかわからないから、余計に不安が増幅していくのです。

増幅する不安を払拭するためには、現状の収入と支出をハッキリ知ることです。

実際にいくら月の収入があって、かかる生活費はどれくらいかを、ある程度把握する習慣をつけておくことが大切です。

節目節目のお金のシュミレーションをしておくと良いでしょう。

たとえば60歳で死んだ場合、65歳で死んだ場合、70歳の場合はどうか?と言う風に全部シュミレーションしてみると良いでしょう。

自分の加入する保険や年金、会社の退職金などが、それぞれどれくらいになるか?遺族年金がどれくらい残るのか?等を見てみれば、逆算でどれくらい必要になるのか?不足するのかも数値である程度見えてきます。

「あー不安だ」と頭を抱える人がいますが、実はその不安の最大要因は「自分でいくら必要なのか?よく分かっていない」ことなのです。

不安に思っていることの本質も良く分かっていないのです。

60歳からのもう一つの視点

仕事一筋で頑張ってきた人が、やっと仕事から解放されて、定年後に自由な時間が沢山持てたのに、自分の趣味もなく公園で一日ボーっと過ごしていて、全然楽しそうに見えないという話を良く聞きます。

60歳定年は、もはや過去のものとなりつつあり、今後は定年65歳又は70歳定年という話しも現実化を帯びて来ています。

定年後にいくら自由な時間を得ても、一日中公園でボーっとする生活が楽しいとは思えません。

リタイアして自由な時間を有意義に過ごせるのは、楽しいかもしれませんが、同じような生活が毎日続くと人は必ず退屈します。

さして好きでもない苦しい仕事をした後に、たまにご褒美で遊べるから楽しさも何倍にも膨らむものです。

自由な時間を与えられても、何も出来ない自由は不自由なのです。

定年退職して、いきなり自分の好きなことをやろうとしても、なかなか見つかるものではありません。

ですから50歳を過ぎたら当たりから、60歳からの人生や働き方について備えておくことをオススメします。

老後の働き方への考え方

60歳で起業すればリスクは少なくて済みます。

「イヤイヤ定年後に起業して失敗っしたら元も子もないでしょ」と言われるでしょう。

確かに定年後に起業するときに、大きな借金をしたり規模を拡大したりして、無理をするとリスクも高くなりますので、絶対にオススメ出来ません。

若くして起業する場合は、リスクを取って失敗してもやり直しが効きますが、定年後の失敗は致命的です。

ですから起業するのであれば、個人事業主等として起業することを検討しましょう。

そうすれば、会社員で定年まで勤めた人は厚生年金もありますから、仮に仕事がなくても少なくとも最低限の生活は保証されます。

定年後に起業する場合、失敗しても年金生活者でも十分に暮らせるという、安心感が持てるのです。

定年後に悠悠自適で毎日遊び続けたいと思う人もいると思いますが、そんな生活を1ケ月も続けていると、間違いなくまた働きたくなるものです。

ですから、60歳からはあまり無理なく、緩く仕事が出来てお小遣い程度でも稼げている様な仕事が出来ていれば最高ではないでしょうか。

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, 中高年

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.