お金と仕事 中高年

老後の不安の正体と幸せな老後に必要なお金の話

あなたは「老後の生活に不安を抱えている」と答えてる人の割合が何パーセントであるか知っていますか?

今回は、幸せな老後を迎えるために、私たちは何をしなければならないか?そんな問題提起をしていきたいと思います。

老後不安を抱える人の割合と内容

まずは「老後に不安を抱えている」と考えてる人の割合ですが、平成28年度に公益財団法人生命保険文化センターの調査では、なんと85.7%もの人が自分の老後に不安を感じていました。

これは、すごい数字ですよね。

それほどまで多くの人が、自分の老後不安に悩まされているのです。

また老後に不安を抱えている人の多くは、どのようなことで不安を抱えているか?と言うと、下図を見ていただければお分かりいただけると思いますが、ほとんどがお金に関する不安です。

老後不安を感じている方の心理は、下図ようになってます

(引用元;公益財団法人生命保険文化センター

これを見ると全てお金に対する不安だということが分かります。

この不安を解消するため、実際にいくらお金が必要なのか?そのためにどうしたらいいのか?何が出来るのか?ということについて考えて見ることが必要です。

更に、夫婦の場合の老後の最低日常生活費について行った意識調査では、月額平均22万円必要だとされています。

これに旅行や娯楽、趣味を楽しむと言ったような条件を付け加えて、ゆとりのある幸せな老後に必要な金額を考えると月平均約35万円が必要になる試算が出されています。

(引用元;公益財団法人生命保険文化センター

次に、現在受け取れる年金額についてですが、平成30年1月の厚生労働省の発表によると、以下の表のようになっています。

引用元;平成 30 年度の年金額改定についてお知らせします(厚生労働省)

夫婦2人の場合に年金だけの収入でなんとか最低日常生活がおくれるという感じです。

ですので、ゆとりのある幸せな老後生活のためには、月に13万円程不足してしまう計算になります。

これは現在の経済状況のままであればという話でして、今現在40代・50代の方が老後を迎える頃のインフレを考慮する必要があります。

なぜなら、経済成長するとバラッササミュエルソン効果などによって、世の中はインフレになると言われているからです。

もし仮に年1%のインフレが続いた場合、幸せな老後に必要な35万円という金額は、10年後には38.6万円、20年後には42.6万円、そして30年後には47万円という風に増えていきます。

こうなるとますます年金だけでは幸せな老後を迎えることは難しくなります。

現在の年金と1%のインフレを考慮して、仮に40歳の夫婦の方が20年後に幸せな老後に必要なお金を計算すると、20年後に必要な幸せな老後に必要なお金42.6万円から現在の年金支給額22万円を引くと20.6万円のお金が毎月不足する計算になります。

つまり毎月年金以外で約21万円が必要になるということになりますね。

将来へ向けて、このような現実が浮かび上がってくるんですけど、あなたはこの事実をどう思われますか?

結構不安になりますよね?

幸せな老後のためにやるべきこと

では、次にどうすれば良いかを見ていきましょう。

不安の原因を踏まえた上で、幸せな老後を迎えるために何をしていかなければいけないのか?ということを明確化していきたいと思います。

具体的に三つの方法があります。

例えば、現在40歳の人が65歳までに老後資金を作るために出来ることは、次の3つの方法が考えられます。

それは「貯金」次に「資産運用」そして「投資」です。

これを順番に掘り下げてみていきます。

ますが貯金からですが、人生100年時代と言われる時代となりました。

老後生活を貯金で賄おうとすると、概ね1億円の貯金が必要だと言われています。

現実的には現在の預貯金の金利は、ものすごく低いです。

40歳の人が65歳までに1億円貯めるとなると、毎月33万円の貯金が必要になります。

普通に会社生活を送ってるだけでは、ほぼ実現不可能なレベルな数字だと言えます。

ですから「貯金」はかなり厳しいことが、このデータでご理解いただけると思います。

次に「資産運用」ですが、金利が低い貯金だけではなくて、資産を運用することにより金利がついたらどうでしょうか?

もしあなたの資産を仮に3%で運用できたとしたら、毎月23万円で25年後に1億になり、6%で運用できたら毎月15万円で25年後1億円に達します。

しかし、これもまずは運用できる土地や建物の不動産などの資産がなければ始まりません。

また資産運用には、その基礎知識が必要で相続や税金の知識はもちろん、金融商品の知識等も必要不可欠になってきます。

投資信託などのプロに任せるといったものもありますが、それでも一定水準の知識と経験、そしてもちろん資金力が必要になってきます。

資産運用ができるのであれば、そもそも老後の心配はあまり無いかもしれませんね。

最後に「投資」です。

ここまでの「貯金」「資産運用」「投資」との中で私が最もお勧めするのは「投資」です。

資産運用がある程度の元本が必要だったのに対して、投資というのは少ない資金からでも十分に始めることができるといったものが現実にあります。

一般的な投資で最初にイメージされるのは、「株式投資」とか「 FX 」とかではないでしょうか?

この手の投資には、豊富な知識やテクニックなども要求されますし、リターンが大きい分リスクも大きいので、これから老後に向けて資金を増やしていきたいという方には向かないと思います。

正直現時点で生活に支障のない余剰資金をお持ちの方以外は、手を出さない方が良いと思います。

きちんとしたデータは見つけられていませんが、一説では株で成功している人は全体の5%以下だと言われています。

現実として、株式投資では投資家のほどんどの方が稼げていませんので、これから一から取り組みたいと言う人にはオススメ出来ないと考えます。

最近バイナリーオプションというのがSNSやネット上で取り上げられています。

バイナリーオプションを勧めて来る人は、「投資を始めていきたいという方に、一番バイナリーオプションが適してる」というようなことを言ってきます。

バイナリーオプションはルールが簡単で、決められた時間になった時に、通貨の価格が上下する2択で予想するだけなので、非常にシンプルだと言います。

また自分が投資した金額以上にお金を失うことがなく、FX等の様にロスカットがないので、自分が出した金額以上に無いと言う口コミで、気軽に参加できるという人がたくさんいます。

確かに中には戦略的に稼げている方もいると思いますが、あくまでも投資ですので、闇雲にやってもお金を増やしていくことは難しいと思います。

ちなにみバイナリーオプションに関係する国民生活センターに寄せられている相談状況は次の通りです。

引用元;独立行政法人国民生活センター

TwitterなどのSNSをやっている人はわかるかと思いますが、最近はこの手のバイナリーオプションで成功する方法などを教えますと言って、教材やセミナーなどの勧誘する配信やツイートがかなり増えていますが、これも詐欺的なものが多いので十分気を付けて判断することをオススメします。

そんなに稼げるものを、あなただったらわざわざ人に教えますか?

本当だったらこっそり自分だけでやっているはずですよね。

冷静に考えればわかると思うのですが、そもそも投資などに保証を謳うものは詐欺と疑って良いでしょう。

ハイリスク・ハイリターンが投資の原則です。

必ずリスクが伴うことを知っておいてください。

最強の資産構築方法

私が最も現実的にお勧めする投資は、「自己投資」です。

自分のスキルを磨いて副業をして稼ぐことも良いでしょうし、そのために教材や本を購入したり、セミナーに通って学ぶことも良いと思います。

そのうえで、日常生活の無駄使いを極力やめて、そのお金を自分への学習への投資へ変えていけば、将来何倍にもなって膨れ上がってリターンを得る可能性が上がってきます。

貯金もコツコツ初めて、自己投資をして副業などを始めてみるとよいでしょう。

時間もかかりますし、なかなか成果が直ぐには見えませんから、継続するのが難しいと思う人も多いのですが、自分の好きな興味のある分野で副業を検討し、老後の自分の楽しみの一つとして、何か老後に向けて仕事を持っておくことも良いと思います。

是非楽しく無理なく資産を増やしていって、少しでも不安を取り除いていきましょう。

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-お金と仕事, 中高年

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.