人間関係

「これでいいのだ!」と言えればあなたは人生は報われる

漫画家の赤塚不二夫さんの有名なギャグ漫画で「天才バカボン」と言う作品があります。

ギャグの中にもホロリと人の優しさをにじみだした作品で、主人公であるバカボンのパパの決めセリフが「これでいいのだ!」という言葉です。

この言葉に込められた意味が奥深いのです。

今回は「これでいいのだ」についてお話をしてみます。

「これでいい」と言えた時全てが肯定される

天才バカボンTOP絵

引用:赤塚不二夫公式サイトこれでいいのだ!!

 

この世の中、今も昔も現実はうまくいかないことばかりです。

毎日のほとんどは、良くないことばかりが続きます。

自分を責めて、誰かを責めて、何かを責めて、そしてまた自分を責める。

そんな良くない日々の連続のなかで、あなたがもうこれ以上どうにもならないと感じているなら、無理に胸を張る必要はないし、特に立派になんてならなくてもいいのです。

あなたは今のあなたでいいのだ!

あなた自身そう思うことが出来れば、この世界は案外優しくしてくれるものです。

人生は辛いことやうまく行かないことばかりですが、その間に楽しいことが起こるようにできているのです。

ですから、自分の人生を大切に生きましょう。

今は不甲斐ない結果かもしれないけれど「これでいいのだ!」と今の自分の現状を素直に受け入れることが出来れば、それを励みに明日からまた歩け出せる気がします。

どんな場合でも第一声は「これでいいのだ!」

脳は発した言葉の通りに、良かった理由やうまくいく方法を見つけようとします。

また、この言葉の力は壮大でストレスホルモンを退治することができます。

言葉が「絶対大丈夫!解決できる!」と言った楽観的な考えを導き出してくれるのです。

心理学的にも精神医学的にも、言葉が持つ力は証明されており、「これでいいのだ!」と言える状態は、つまりは絶対肯定の状態なのです。

これは自分自身の精神状態が、かなり良くなければ出来ません。

心から「これでいいのだ」と思えたときに、絶対肯定の状態となれるのであって、無理やりに大丈夫だと思っていてもなることは出来ません。

言葉でいくら肯定していても、心の中で不安になっていたり、相手を恨んでいたりしていてはなれないのです。

心から「これでいいのだ!」と言い切れたとき、過去の出来事全てが、今この瞬間のためにあったことに書き換えられるのです。

これまでの全ての出来事が、様々な偶然と必然が重なり自分の人生が出来上がっていること悟ります。

落ち込んでふさぎこんだり、誰かに対して仕返しを考えても、それ自体に何も意味がないのです。

相手を恨めば、恨むほど自分にもすぐに不幸が訪れます。

「これでいいのだ!」と言い切れると、あとは楽しく前を向いて人生を体験していくことが出来ます。

まとめ

悪い情報を取り入れて自己否定に陥って、調和とは程遠い状態になるか?または好きなものを見て調和を保つ方が良いか?

どちらを選ぶのもあなたの自由です。

環境や状況は常に変化していきますので、絶対肯定のできる状況にいると言うことは、今の自分に責任を持ちながら常に変化し続けることにもなります。

自分の失敗を誰かのせいにしなくても、きちんと自立して立て直していける人になります。

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-人間関係

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.