コラム 人間関係 自己啓発

自分の本当の気持ちを受け入れて生きることの大切さ

私は自分の本音を大事にすることは

とても大切だと考えます。

 

古より伝わる宗教や、

引き寄せ法則、心理学や哲学、

量子物理学などの知識を

どれだけ取り入れて、

どれだけ深く学んでも

喜怒哀楽という人間が持つ感情は

決して無くなりはしません。

 

なぜなら、

怒りを知らなければ、

喜びはわからないし、

哀しみを知るから、

楽しさを感じる事が

出来るからです。

 

今回は、自分の本音を大切にして、

自分を受け入れて生きること

の重要性についてお話します。

陰陽の関係を理解する

この世の全ての事柄に裏と表、

陰と陽の関係があります。

陰と陽とは・・・

陰陽を表す太極図

陰陽(いんよう)とは、
中国の思想に端を発し、
森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物を
さまざまな観点から(いん)と(よう)
の二つのカテゴリに分類する思想。

陰と陽とは互いに対立する属性を持った
二つの気であり、万物の生成消滅と
言った変化はこの二気によって
起こるとされる 。

このような陰陽に基づいた思想や学説を
陰陽思想陰陽論陰陽説などと言い、
五行思想とともに陰陽五行説を構成した。

(Wikipediaより引用)

 

例えば、偉人の教えに触れ

それを学ぶことは

とても良いことです。

 

でも、一生懸命に学んだその教えを

自分がうまく実行できないからと

いくら自分を責めても仕方ありません。

 

そもそも、偉人の教えを

簡単に実行できるはず等ありません。

 

その道に入って一生修行しても

その本質を分からずに

人生を終える人が殆どです。

 

もし、それが出来れば、

その人はきっと2000年に一度

生まれるかどうかの逸材でしょう。

 

 

腹黒い部分の本音を

意識してもいいのです。

 

そんな腹黒い自分を

認めてあげましょう。

 

相手の事を嫌な奴だと、

思っても構いません。

 

そう感じるのが人であり、

それが人間なんです。

 

それらの感情に無理やり蓋をして、

本音を認めてあげないと

本当の自分が出せずに、

心のどこかでわだかまりを

感じたままになります。

 

自分を許せない人は、

全部自分のせいだと思い込みます。

 

自己否定ばかりしています。

 

人の顔色ばかり見てしまいます。

 

そこに自分の心はありません。

 

そんな生き方をしていると、

自分の本音は何処にもなくなるのです。

 

 

そんな状況で、

幸せになれるはずがありません。

 

いい人と思われたくて、

いつも人の顔色を伺ってしまいます。

 

そうする気持はよくわかります。

 

私自身もそうでしたから。

 

自分で言うのも何ですが、

そういう方は、殆どの方が

クソ真面目です。

 

人に甘くて、自分に厳しい人です。

 

 

しかし、もうそんな生き方を

やめましょう。

 

そんな生き方を続けていると、

きっと私のように病気になってしまいます。

 

病気になった当時は

とても苦しかったです。

 

しかし、今は振り返ると

病気になって良かったと感じます。

 

あの苦しい病気の御蔭で、

私は心身共に本当の意味で救われました。

 

失くしたものもありますが、

それを失ったおかげで、

不思議と執着もなくなりました。

自己受容をして生まれ変わろう

不要な執着をなくしていくと、

自己受容ができやすくなります。

 

 

自己受容とは、

ありのままの自分で生きていくためには

絶対欠かせないものです。

 

わかりやすく説明すると、

例えば、あなたが家を建てるとします。

 

建てる家があなたの理想だとすると、

家を建てる土地が、あなたの自己受容です。

 

土地(自己受容)がぬかるんでいると、

いくら立派な家(理想)を作っても

家(理想)は安定しません。

 

下手をすると壊れるかも知れません。

 

そういうイメージです。

 

 

自己受容が上手く出来れば

自己肯定が出来るようになります。

 

心理学で言われるのは、

自己受容では、

「本当はアイドルになりたかった」

「本当はあの人と結婚したかった」

のように過去のことを受け入れる状態です。

 

自己肯定になると

「本当は、アイドルになりたい」

「本当は、あの人と結婚したい」

と未来に向かう思考に変わります。

 

 

つまり、

自己受容が上手くできれば

自己肯定が出来るようになり

また未来に目を向けることが

出来るようになるのです。

 

私たちは現実には、

今を生きることしかできませんが、

未来に目標や夢があるのは

望ましい姿です。

 

その為にも、あなたの本音を

大切にしてあげましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 人間関係, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.