コラム 人間関係 自己啓発

正しい判断にはあるがままを認めることが重要

皆さんもよくご存じだと思いますが、

「経営の神様」と言われた

松下電器の創設者である松下幸之助氏は、

これまでに数々の教えを残してこられた

近代日本を築いた偉人です。

 

松下幸之助氏が残した多くの教えには、

経営だけではなく人として生き方についても、

共通して言えることが沢山あります。

 

この記事では、そんな松下幸之助氏の

言葉から学んだことを

お話してみたいと思います。

人間が集まると党派ができる

日本最初の憲法として知られ

聖徳太子によって定めた

とされる十七条憲法に、

 

「和を以て貴しとなす。

さからうこと無きを宗とせよ。

人みな党(たむら)あり。・・・」

 

とあります。

 

「人みな党あり。」というのは、

人の集まりが出来ると、

必ずグループや党派のような

集まりが形成されることを意味します。

 

古の偉大な偉人が説いた、

人間の本質的な部分ではないかと思います。

 

しかし、この人が集まると

自然と形成される党派や集団というのが、

全体の運営の中で弊害になることが

少なくないと松下氏は言っています。

 

確かに政治や経済界においても、

派閥や財閥などという存在がありますが、

何かとこういった組織があるがゆえに、

物事がスムーズに進まない場合も

あるかも知れません。

松下氏が言う聖徳太子の真意

「さからうこと無きを宗とせよ。

人みな党(たむら)あり。」とは、

「人が人である以上派閥を作るものであり、

こうした派閥を無くすことはできないのだ」

と言う意味です。

 

恐らく現代社会においても

そうであるように、

聖徳太子が生きた時代にも

派閥のような組織があったのだ

と思います。

 

そして「和を以て貴しとなす」

としています。

 

つまり、これらの存在を

無くそうとするのでなく、

派閥という組織も認めたうえで、

善用していくことが

大切なんだと説いています。

 

要するに「派閥だけの利害にこだわり、

とらわれ、振り回されるのではなく、

こうしたものを含めて

全体の調和を取ることが大切だ

というのが、太子の偉大な真意であった」

と松下幸之助氏は言っています。

 

人間の本質を変えることには

無理がありますし、

それを無理に変えようとすると

返って苦しみが生じてしまいます。

 

だからこそ、あるがままに

みとめることが大切であり、

そのうえでどうあるべきかを

考えることが大切だというのが

聖徳太子の真意であり、

偉大なところである

と松下氏は説いています。

松下氏が言う指導者への想い

あるがままにみとめるということは、

「言うは易く行うは難し」なのです。

 

現実には「好き嫌いの感情」や

「自分の利害」にとらわれて

物事を見てしまうものです。

 

しかし、それでは

真実とかけ離れた姿しか

見ることが出来なくなり、

結果として正しい判断も

出来なくなってしまうのだ

と松下氏は言っています。

 

指導する立場にある人は、

できるだけとらわれを排除して、

あるがままを見るように

努めなければならないとしています。

 

そして、あるがままの

認識があって初めて、

適切な指導が出来るのだ

と言っているのです。

最後に

いまは指導する立場にはありませんが、

以前その立場にあったとき、

どのように物事を見ていたかを振り返ると、

この教えは心に突き刺さります。

 

特に好き嫌いの感情や

自分の利害にとらわれていた部分は

多かった気がします。

 

もし仮に自分自身が指導者ではなくても、

物事を判断するときには

感情や利害に左右されるのではなく、

冷静に全体を見渡しながら判断することが

大切だと言うことを学び取りました。

 

何か参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 人間関係, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.