人間関係

嫌なことを考えないと意識するほど嫌なことを考える人へのアドバイス

体調が悪いときや病気のときには、何も考えない方がいいと言います。

 

しかし、どうしても過去の嫌な出来事を思い出してしまうことってあると思います。

 

あまり嫌な思い出を考えないように意識すればするほど、余計その思い出のことが頭の中をよぎってしまうことも少なくありません。

 

考えてはいけないと思えば思うほど、考えてしまうのが人間の心理でもあります。

 

つまり、嫌な思い出を思い出したくない人に向かって、「あまり考えない方がいいよ」と言うのは、適切なアドバイスではありません。

 

では、「何かほかに良い方法があるのか?」とうことで、今回はイヤなことばかりを考えてしまう人へ、イヤなことを考えなくなるそんな方法を説明します。

楽しいことを考えて実行してみる

結論から申し上げますと、イヤなことを考えなくするためには、別の楽しいことを考えることが一番効果的な方法です。

 

しかし、調子が悪いときに、楽しいことを考えようと言っても、なかなか楽しいことが思いつかないという人もいると思います。

 

でも例えば、映画が好きな人であれば、映画の上映時間って大体2時間くらいですから、その2時間に関しては、映画に集中しているので映画以外のことを考えないですよね?

 

何が言いたいのかと言うと、つまり、映画を見ている2時間の間は少なくともイヤなことを考えないで過ごすことができると言うことです。

イヤなことを繰り返し考える人は、別の見方をすると根が真面目なのです。

もっと遊んでもいいし、もっと楽に考えてもいいのですが、なかなかそういう風に出来ないという傾向があります。

 

なので、いつも「そんな気持ちになれない」と言う方向に考えが及んでしまうのです。

 

逆に言えば、映画を見に行く気持ちの余裕がないので、いつまでも考え込んでしまうのです。

 

少し厳しい言い方になりますが、調子が悪いので「映画を見に行く気になれない」と言って、映画も見れないような状態を続けていては、イヤな思考から抜け出すことは出来ません。

 

いつまでも映画にさえも行けなければ、イヤなことばかり思い出してしまうことになるのです。

 

調子が出なくて気が乗らないときは、何かをして楽しもうと言う気持ちには中々なれないと思います。

でも、だからこそ、あえて楽しい時間を自分から意識的に積極的に作っていかなければいけません。

 

独りを避け嫌なことを考える時間を意識的に減らす

人はイヤなことを意識するほど、イヤなことを考えてしまうものです。

そんなときに家で一人で考えていると、ろくなことを考えません。

 

出来れば家族や友人など他の人と一緒にいる時間を作るのも良いでしょう。

 

人が増えると意識が分散しますので、イヤなことを考える時間が減ってきます。

 

一気に沢山の時間を作るのは難しいと思いますので、1日の内に1時間ぐらいから実際にやってみて、徐々に2時間・3時間と時間が増えてくると、イヤなことを考える習慣がなくなってきます。

 

調子が良くないので、楽しいことをする心境になれないと言って何もしなければ、楽しいことも出来ないし、下手をすると仕事もできなくなってしまいます。

まとめ

私も、うつ病で苦しみましたが、どこかで一念発起して殻を破らないと、いつまでも治らないという体験をしています。

 

イヤことばかり考えてしまう人は、ぜひ人生の中の楽しい時間を増やしていくことに意識を向けてみてください。

 

焦ったり、一気にやるのでなく、マイペースで徐々にでいいので、取り組んでみてください。

 

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-人間関係

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.