コラム 健康

あなたの食事の常識を見直してみませんか?常識は常に変わる知識や認識

近年は情報社会になって

沢山の人が身体よりも頭を使って

仕事をするようになってきました。

 

ですが、一昔前は

今よりも肉体労働の人が

多かったと思います。

 

テクノロジーが進化して

機械化が進み、仕事の形態も

時代と共に変化しています。

 

現在は更に情報化が進んで、

どんどん変化が加速しています。

 

時代が変われば、私たちの考え方も

変えて行かなければ、

その時代に対応した生き方が

難しくなります。

 

そこで今回は、

今でも当たり前だと思っている

身近な常識について

見直してみたいと思います。

庶民の食事の常識

私達が当たり前に食べている食事ですが、

そもそも朝・昼・晩と食べることが

常識となったのはいつ頃からでしょうか?

 

ちょっと時代を逆戻りして

江戸時代にまでさかのぼります。

 

多くの人達の暮らしを見ると

身体を使った仕事が多く、

そして、それらの仕事は

生活に直結する農林水産業が

主な仕事でした。

 

体を使う仕事も今よりも多く、

エネルギー消費も

今とは比べ物にならないくらい

高かったのではないでしょうか?

 

ところが江戸初期の庶民の食事は

朝と晩の1日2食だったそうで、

江戸中期あたりから勤労時間も長くなったり

生活様式が徐々に変化したことで、

1日3食になる習慣が根付いていった

と言われています。

 

以降私たちは、江戸、明治、大正、

昭和、平成、令和時代の長期に渡って、

人が食べる食事は1日3食が当たり前だ

という習慣を常識としてきました。

ライフスタイルの変化

江戸中期以降に根付いた1日3食ですが、

そもそも3食と言っても

当時は今の様に色んな食材を

食べていたわけではありません。

 

お米や麦が主食で一汁一菜が

基本的な食事スタイルで、

食事と言っても今から見れば

かなりの粗食でした。

 

奉公人を抱えていた町人たちでさえ、

おかずはせいぜい汁に鰯(いわし)

だったそうです。

 

戦後の日本は急速に経済復興を

果たしていきますが、

それに伴い生活も豊かになり、

食べる食材も多くなり、

栄養価の高いものも

口にできる様になってきました。

 

豊かになるにつれ

仕事の内容も変化してゆきますので、

人々の消費エネルギーも

大幅に減ってきたのですが、

長い間続けてきた1日3食の習慣は

変えることが出来ませんでした。

 

昔は1日3食でも栄養が

足りていなかったと思いますが、

今の時代背景を考えると

明らかに栄養が過ぎているように感じます。

 

例えばメタボリックシンドロームなどは

その典型的な例です。

 

メタボリックシンドロームとは、

内臓脂肪型肥満をきっかけに

脂質異常、高血糖、高血圧となる状態で、

運動不足や食べすぎなどの積み重ねが

原因である場合が多いと言われている

まさに現代特有の症状です。

 

時代が変わりライフスタイルも

大きく変化しているのに、

食生活はそもままでは

明らかに栄養過多になってしまいます。

 

特に中高年は要注意

若いうちは仕事や遊びと

身体を動かす機会も多く、

身体の代謝も良いので

1日3食きっちり食べていても

太らなかった人もいると思います。

 

ところが、40過ぎたあたりから

急激に身体に変化を感じるようになります。

 

同じだけ運動して同じだけ食べているのに

痩せにくくなってきます。

 

50歳を過ぎると益々痩せにくくなってきて、

お腹周りの脂肪も本当に落ちにくくなってきます。

 

若い時の様に激しい運動も出来ませんし、

やったとしても続きません。

 

また無理に運動して

怪我でもしたら本末転倒ですので、

運動だけでなく、どうしても食事の習慣を

見直す必要が出てきます。

思い込みから抜け出し常識を見直す

冷静に考えてみれば分かりますが、

1日3食という思い込みで、

お腹が減っていないのに

昼の時間になったら食べなくちゃ

というような感覚になっていませんか?

 

私は3年程前にこのことに気が付いて、

以降無理に決まった時間に

食事を食べなくなりました。

 

特に昼間は身体を使ってないのに、

無理に食べていたので

それを止めることにしました。

 

1日2食の生活から、

今では1日1食で夜だけの食生活です。

 

それでも、まだ食べすぎている

感じがします。

 

ですが、夜だけは

家族と一緒の時間も大切なので、

食材や量を考えながら

食べるようにしています。

 

私達は、これまで当たり前に

普通にやっていた習慣に慣れ切ってしまい

自分に合っていないものまで

取り込んでいるかも知れません。

 

1日1食では栄養が足りない人も

いると思いますので、

これは個々の状況に応じて

様々な対応を考えることが大切だと思います。

 

いずれにしても、私は80kgほどの体重が

5年間で65kgまでに落ちています。

 

特別なダイエットやキツイ運動は

一切していません。

 

食生活の常識を見直しただけの結果です。

 

体重だけでなく毎年行っている健康診断では、

血液の状態も以前より良くなり、

視力以外はほぼ問題のない状態を

キープすることが出来ています。

 

まとめ

これまで当たり前だと思っている

身近な習慣や常識を

一度疑ってみることも

大切かも知れません。

 

常識とは多数派が作ってきた価値観です。

 

しかし、それが必ずしも

正しいとは限りません。

 

常識にとらわれず生きてきた人が

成功者に多いのも事実です。

 

時代の変化が激しいときほど、

常識を疑ってみることが

大切なのかも知れません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 健康

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.