うつ病 健康

メンタル疾患の症状を良くするための手軽な方法

メンタル疾患で精神科に長く通っていますが、なかなか良くならないと言う人は結構多いようです。

そんな時に、とても効果的な方法があるのでご紹介します。

非常に簡単で、一日5分もあればできるようなことで、是非メンタル疾患で病院に通っているけど、なかなか治療の効果が得られないと感じている人に試してもらいたいと思います。

 

記録の付け方

では、実際に何をやればよいのかと言うと、それは記録を付けると言うことです。

もっと簡単に言えば、日記をつけると言うことです。

 

ではどのような日記を付ければ良いかと言うと、まずは朝起きた時に、その時点での気分を10段階に分けて評価してください。

凄く調子のいい絶好調の状態を10とします。

そして、めちゃくちゃ調子の悪い絶不調の状態を0とします。

朝起きた時に自分の今日の調子が「7ぐらいか、3ぐらいだな!」といった感じで、評価した記録を付けてみてください。

大体の感じでいいので、自分のリズムで一定の基準を作っていきます。

 

それから、朝起きた時間と寝た時間を記録してください。

すると、差し引きで寝た時間がわかりますので、要はどれくらい寝たかと言う睡眠時間を記録して行くことが出来ます。

 

つまり記録としては、今日の朝起きたときの気分と睡眠時間を記録するとことです。

それをノートに一日あったことを日記風に書くのが望ましいのですが、いきなり長い文章を書くと言うことは難しいと思いますので、短くてもいいので次の項目を書き出してみましょう。

 

メンタル疾患で悩まれているのであれば、辛い部分はたくさんあると思いますし、書き出せると思いますので、まずは気分のさえなかった事や調子の悪かったことなどを3個ぐらい書き出してみてください。

 

それから、次が非常に重要なのですが、今日一日調子の良かったところも3個書き出します。

 

これが、非常に大切で休養なポイントになりますので、きちんとやってみてください。

 

ある精神科の医師によると、患者さんの話を30分聞いていると、そのうちの29分ぐらいはずっと調子の悪いことばかり、つまりネガティブな話がずっと続くそうです。

そして、身近なことでちょっとしたことでもいいので、何か楽しかったことはありませんでしたか?と何度か聞いてみると、外食しておいしかったとか、久しぶりに友人にあったとか、出てくるそうです。

 

本人はその時は忘れていますが、よく思い出せばちょっとしたことでも楽しかったことが一日の中にあることに気が付きます。

 

毎日、療養生活で苦しく辛い生活をされているとは思いますが、ゲームやって楽しかったとか、テレビ番組が面白かったなどの、ちょっとしたことでいいので、楽しかったことを3個書き出し、辛い状態を3個書き出すようにします。

 

朝に1分、寝る前に5分くらいで出来ると思いますので、記録を付けてみてください。

 

記録がもたらす結果

この記録を付けていくと、一体どのようなことが起こるでしょうか?

記録を付けて半年ほど経っても、本人はそれほど調子が変わっていないと思うそうですが、医師から見れば間違いなく調子が良くなっているそうです。

 

本人の中の評価では、調子が凄くいい「10」か悪い「0」かでしか判断できないので、いつまでも絶不調と感じてしまうのですが、10段階評価で記録を付けることによって、客観的に4とか5の状態もあると言うことを自分で判断することが出来るようになるのです。

 

すると、段々本人にもそういった感覚が分かりだしますので、調子どうですか?と聞かれたときに、今までは「10か0」でしか評価出来なかった自分の調子を、4とか3とかで表現できるようになってきます。

 

ノートに記録することで、楽しいことを記録することで、少しづつ良い面を見る訓練が出来ているのです。

 

メンタル疾患のある人は、どうしても悪い面ばかりに目が行きがちですので、こうして意図的に良い面を見つけることが大切になってきます。

 

この記録を付けることで、確実に自分の状態がどうなっているかを見ることが出来ますので、メンタル疾患がなかなか良くならないと感じている方には、是非試してみてください。

 

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

 

サプリメントのご紹介

私も最近気分が沈みがちなため、実際に購入して飲んでいるサプリメントをご紹介します。

販売元 株式会社リラクル
商品名 【リラクミンシリーズ】


1ケ月程飲んでいますが、少し気分が落ち着いてきました。

あくまで、色んな環境の影響もありますので、一概にサプリメントの効果とは言えないかも知れませんので、そのあたりはご理解願います。

 

サプリメントは、粒も小さいので大変飲みやすいです。

錠剤ですので、とくに苦みとかの味は気になりません。

少し漢方独特の匂いはあります。

一袋60錠入り(約1ケ月分)一回3錠を1日2回飲みます。

 

【ご注意】
サプリメントは健康食品です。
健康効果等が保証されるものではありませんので、説明や注意書き等をよく確認したうえで、よく検討してから購入しましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-うつ病, 健康

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.