うつ病 健康

うつ病を克服しよう!心のバランスを保つ神経伝達物質セロトニンを増やす食材

今回は、セロトニンを増やす食材とは?というテーマです。

うつ病の改善には、食事が非常に重要であることをあなたはご存知でしたか?

 

これまで日本では、うつ病の治療として「食事療法」というものは、あまり取り入れてきませんでしたが、海外の研究では、うつ病の発症に食生活や運動が関係してることが多数報告されています。

また、抗うつ薬にはセロトニンの再取り込みを防ぐ作用がありますが、そのセロトニンは食事からしか摂取することが出来ないそうです。

 

うつ病と食事の関係を理解して、うつ病の改善回復に役立てましょう。

 

うつ病の原因となる成分

うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンなどの、モノアミンが不足することが原因だと考えられています。

また、抗うつ薬はセロトニンの再取り込みを防ぐ作用がありますが、セロトニン自体を増やす効果はありません。

 

セロトニンは血液脳関門と呼ばれる、脳に入るために必要な入り口を通らないことが分かっていますから、口から摂取したとしても脳には届かないためほとんど効果がありません。

 

ですからセロトニンを摂取することを意識するよりも、セロトニンの材料となるトリプトファンを摂取することを意識することが重要です。

 

投薬治療ではなく毎日の食事によって、うつ病の予防やうつ病の改善が期待できますから、食事は非常に重要な要素と言えます。

 

心の働きに関わる脳内伝達物質は栄養素によって作られ、栄養素の不足や血糖調節異常はうつ病とよく似た症状が現れることがあると言われています。

 

うつ病の改善に有効な栄養素

 

まずは、ビタミンです。

ナイアシンやビタミン B 6、亜鉛といった栄養素は、セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンといった神経伝達物質を合成する過程に必須であり、不足するとうつ病などの症状を起こしやすくなります。

 

ビタミン B 6を多く含む食材としては、魚・バナナ・にんにく・生姜・玄米・豆類

 

ビタミン B 3を含む食材として、レバー・肉魚・落花生

 

次にミネラルです。

ビタミンと同様に、ミネラルの不足はうつ病のリスクが高くなると言われています。

 

ミネラルは亜鉛と鉄分から摂取できます。

 

亜鉛を多く含む食材として、カキ・うなぎ・牛肉・レバー・大豆製品があげられます。

 

続いて鉄分を多く含む食材としては、レバー・赤身の魚・魚介類・海藻・青菜類などです。

 

次に三大要素としてアミノ酸になります。

うつ病の方には、一部の栄養素が不足していると指摘されていますが、その中の一つが必須アミノ酸のトリプトファンです。

 

日本人のほとんどは、トリプトファンの摂取不足であると言われています。

 

ですのでトリプトファンを含む食材を積極的に摂取するようにしてください。

 

トリプトファンを多く含む食材として、納豆・豆腐・味噌汁・豆乳・バナナ・卵・ごま・ナッツ類・ひまわりのたね・乳製品等があります。

 

うつ病の治療では、投薬治療も大切ですが、人間が生きていく上で最も大切なのは食事です。

 

投薬治療だけに頼っていては、うつ病は改善しないでしょう。

 

今日からビタミン・ミネラル・アミノ酸を意識した食生活を心がけてください。

 

まとめ

  • うつ病の改善にはビタミン・ミネラル・アミノ酸が重要になります。
  • トリプトファンがセロトニンの材料となります。
  • 規則正しい食生活を続けることが、とても重要になります。

サプリメントのご紹介

私も最近気分が沈みがちなため、実際に購入して飲んでいるサプリメントをご紹介します。

販売元 株式会社リラクル
商品名 【リラクミンシリーズ】


1ケ月程飲んでいますが、少し気分が落ち着いてきました。

あくまで、色んな環境の影響もありますので、一概にサプリメントの効果とは言えないかも知れませんので、そのあたりはご理解願います。

サプリメントは、粒も小さいので大変飲みやすいです。

錠剤ですので、とくに苦みとかの味は気になりません。

少し漢方独特の匂いはあります。

一袋60錠入り(約1ケ月分)一回3錠を1日2回飲みます。

【ご注意】
サプリメントは健康食品です。
健康効果等が保証されるものではありませんので、説明や注意書き等をよく確認したうえで、よく検討してから購入しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-うつ病, 健康

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.