コラム 自己啓発

チャンスをつかみ取るための思考方法について

チャンスは自ら掴むものだと

よく耳にすると思いますが、

全くその通りだと感じます。

 

今回は、私が半世紀ほど生きてきた

拙い経験で学んだ、

チャンスをつかむための

考え方についてお話します。

誰にも平等に来る節目

私達が生きて行く人生の中には

何度か節目があります。

 

例えば、幼稚園に入園、

小学校へ入学、中学校へ入学、

高校へ入学等です。

 

また、夏休みやお正月などの行事も

一つの節目になります。

 

この記事を書いているのが

2020年8月13日です。

 

今年も残り4か月程になりました。

 

この歳になると、

本当に1年が早く感じてます。

 

何が言いたいのかと言うと、

時間が経過すれば必ず

節目(きっかけ)が誰にでも来る

という事です。

 

この節目は、必ず全員に

平等に来ています。

きっかけは自分で作るもの

きっかけとなる節目が

全員に同じ様に来ていても、

それぞれに内容は異なります。

 

例えば、お金持ちになる人もいれば、

益々貧乏になる人もいます。

 

気づくか気づかないかの違いで

自分が変わる事の出来るきっかけが

与えられているのです。

 

そこに気づける人は、

自分できっかけを作り

変われる人です。

 

「今が変わるときだ」と感じた時、

具体的な行動を起こします。

 

具体的な行動とは、本も読んで学んだり、

配信などで情報を集めて学び始めます。

 

対して変われない人と言うのは、

自分は何をしなくても

時間が経過すれば変わる

と思っています。

 

いつか誰か自分を変えてくれる

救世主の様な人が現れる

と思っています。

 

しかし、ただぼんやりと

時間を過ごしているうちに、

歳だけを重ねていきます。

 

ふと気が付いたら

とっくに80歳になってしまい、

もっと人生を楽しめばよかったと、

何もチャレンジしなかった

自分の人生を後悔します。

自分から率先して学ぶ

成功する人、幸せな人生を送る人は

きっかけが向こうから

勝手にやって来ない事を知っています。

 

目に見えてハッキリわかる様な

節目やきっかけを与えてくれるのは、

子供と呼ばれる時期だけです。

 

大人になれば、自分の力で

その節目を自分で見つけ、

きっかけを自分で作って

行かなければなりません。

 

古き良き時代にしがみつき、

時代の変化を恨むのではなくて

時代の変化に合わせて、

自分から学んで

自らを教育していくのが

大人と言われる人です。

 

そのような学びを

継続できる人だけが、

幸せな成功が出来ます。

 

時代は「個の時代」へと

移行しています。

 

「個の時代」とは

個々として働くスタイル

「個人事業主」としての働き方を

意味することが多いのですが、

私は個人の個性や個々の独創性が、

これからの時代の価値に

変わるのだとも感じています。

 

いずれにしても、

「個の時代」で成功する方法を、

自分から率先して学べる人が、

これからの時代必ず幸せになります。

 

最後までお読みいただき、

感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.