コラム 自己啓発

人脈がなくても成功できる可能性のあるビジネスチャンスの到来

私は議員等の政治経験があり、

それなりの人脈がある

と思っていました。

 

若い頃は趣味で野球やゴルフ等の

スポーツ活動もやっていたり、

それなりに仲間とのお付き合いもあったので、

プライベートでも多くの方と交流がありました。

 

ところが私が事業で失敗し、

うつ病を発症して入院して以降

状況は一変したのです。

 

今回はそんな私の体験から

人脈というものについてと

人脈を失っても成功できる方法について

考えてみたいと思います。

私の思う人脈と現状

私は自分が病気になるまで

人脈は資産だとずっと思っていました。

 

しかし、私が人脈だと思っていた

多くの人は実際にはただの知人でした。

 

当時の私は、本当の人脈の意味が

理解出来ていませんでした。

 

なので、最終的には妻とさえも

他人の関係になってしまったのです。

 

現在は家族等の限られた人以外に

交流のある友人もいません。

 

ここ数年は、正直独りで

バイクで走る以外は

何処へも出掛けていません。

 

もともとお酒も飲みませんし、

外食も殆どせずにタバコも止めました。

 

とにかく人と絡むのが

病気以降精神的にきつくなり、

最近では地域行事などについても

冠婚葬祭以外は参加していません。

 

周囲から見れば何が楽しくて生きてるの?

と見られていうのかも知れませんね。(苦笑)

孤独との向き合い方

人には親和欲求というのがあります。

 

親和欲求とは、

誰かと一緒にいたいと

本能的に思う欲求のことです。

 

確かに極度の孤独は

苦痛だとは思いますが、

気の合わない人とまで

気を使って時間を過ごすくらいなら、

適度な独りは私には向いている

ように感じます。

 

例えば、営業などの場合、

人脈は大切な武器です。

 

また心理カウンセラー、コンサルタント等も

人脈というのはかなり重要なものです。

 

ビジネスで何かの商品やサービスを

提供したり販売する場合には、

人脈というものは大きな武器となり得ます。

 

ところが、インターネットの普及により

これまでの人脈に対する価値観が

大きく変わってきました。

 

インターネットを使えば

これまでのような人脈がなくても

一瞬で全世界に情報を不特定多数の人に

一気に配信できるようになったのです。

 

とは言え、こうした情報社会であっても

まだまだ特にビジネスをするためには

リアルな人脈は有効ではあります。

 

でもスモールビジネスを行う場合には

これまでの様な人脈は

そこまで重要ではありません。

 

むしろ必要なのは、

目標となるような人物や事業、

そして質の良い情報源です。

 

一昔前のセールスマンは

何度も何度もお客さんの元へ足を運んで、

お客様に気に入られて、

やっとの思いで契約を取っていました。

 

会社からはノルマを課せられ、

達成出来ない社員は、

給料で差をつけられたうえに、

社員の前でバカにされたりします。

 

私も以前起業していた時には、

人の機嫌と顔色をいつも伺い、

頭を下げることが日課になり

気が付くと口癖のように

「どうもスミマセン」

とばかり言っていました。炎上対応に追われる企業アカウントの中の人

今の時代は質の高い情報が

ネット上に沢山流れています。

 

その情報を正しく使えば、

サラリーマン以上の収入が

素人でも稼げる時代となっています。

 

こうしたビジネスモデルでは、

いつも頭を下げる必要はありませんし、

社員の前でバカにされることもありません。

 

無理に人脈を作る必要もなければ

愚痴や批判で終始付き合わされる

無駄な飲み会にも参加しなくて済みます。

チャンス到来!

時代が物凄い速さで変化しており、

身分や学歴・年個序列で構成されていた

社会制度が完全に崩壊しました。

 

私の様な一般庶民にも

ネットをうまく利用することで

ビジネスチャンスが到来しています。

 

この変革の時代はあと5年くらい

続くと見られています。

「オンリーワンをする甘いマスクの男性オンリーワンをする甘いマスクの男性」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

この時代に一般庶民がするべきことは、

これまで幼少の頃から

長い間植え付けられた価値観を

一度冷静に見直してみることです。

 

何も準備しないでこの5年を過ごす人と、

今のうちに行動して

将来の危機に備えて学ぶ人とでは、

それぞれの5年後に必ず大きな差が出ます。

 

独学で行動するのも良いでしょう。

 

でもこれまでの価値観であった、

努力や根性で勝負する競争に

巻き込まれないように注意しましょう。

 

最終的には心身ともに

ボロボロになってしまいます。

 

中高年は無理に若者と

勝負してはいけません。

 

最後までお読みくださいまして、

感謝申し上げます。

 

追伸

本当に質の高い情報は、

恐らく無料ではなかなか見つかりません。

 

著名な方々も核心に触れる情報は

大抵有料で配信されています。

 

自分に対する自己投資を

無理のない範囲で行うことが大切です。

 

この考え方が最初のハードルになります。

 

少し時間はかかると思いますが、

冷静に自分の生活を考えていけば、

自己投資の有益性が理解出来ると思います。

 

最初に自己投資するれば、

有益で必要な情報は

自然と受け取れるようになります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.