コラム 自己啓発

他人の目を気にしていると幸せになれない理由

いつも人目が気になってしまう。

 

そんな人は、沢山いると思います。

 

自分がどのように評価されているか

が気になったり、周囲の人から

良く思われたいと思う人って

とても多いのではないでしょうか?

 

そういう私もいろんな本を

読んだりしながら

自分らしく生きようと

何度も取り組んでみました。

 

しかし、人目や世間体を

気にしないで生活する

と言うことは結構大変です。

 

今回は、他人の目を気にしていると

幸せになれないというお話です。

いつも人目を気にしているとどうなる?

日本の文化とか歴史的背景も

関係しているのかも知れませんが、

いずれにしても日本人は

大体の人が人の目を気にして

暮らしていると思います。

 

根拠となる統計データが

あるわけではありませんし、

都会や地方などという関係で

違いがあるかも知れませんが、

人の目を気にしないで

暮らしている人は、

全体の1割もいないような気がします。

 

では、あなたがこれから先も

人目を気にしながら生きていくと、

将来はどうなると思いますか?

 

その答えは「100%不幸」になります。

 

なぜなら、人はひとりひとりが

皆違った意見を言うからです。

 

あなたのご両親の意見も、

兄弟の意見も、ご家族の意見も

全部違います。

 

仲の良い友人であっても、

信頼できる先輩や上司であっても、

みんなあなたに対して言うことは

違うのです。

 

それぞれが思い思いに

自分の意見を、あなたに対して

ぶつけているだけなのです。

 

その一つ一つを迎合して、

全部に好かれようとして

いい顔をしても、

あっちこっちで意見が

食い違ってきますので、

いくらあなたが八方美人に対応しても、

全部に好かれることは出来ないのです。

 

そんな他人の人生に

合わせて生きていても、

自分のやりいことも出来ずに、

結局は他の人にも批判されて

生きることになり、

決して幸せにはなれないのです。

 

ですから、人目や世間体を

気にして生きていると、

必ず不幸になってしまうのです。

 

本人が気が付いているか

どうかは別として、

そんな不幸な人がたくさんいる

と言えるのです。

では、どう生きるべきか?

自分自身やりたいことを

何も出来ずに、他の人から

批判されて生きるくらいなら、

どうせ同じ様に批判を

されるのですから、

自分のやりたいように生きて

批判された方が、

まだマシだと言えます。

 

私はこれまで何十年も

人目を気にして生きて来て、

人の言う通りにやっていましたが、

結局ものすごく不幸な出来事が

起こりました。

 

今になって冷静に考えてみれば、

本当に私のことを心配して

意見してくれていただろうか?

とも思えます。

 

ほとんどの人は

その場の思い付きで適当に

意見していたかも知れないのです。

 

もちろん本当に心配して

アドバイスしてくださった方々も

いらっしゃいます。

 

しかし、アドバイスをしてくださった人が、

何か責任を取ってくれるかと言うと、

責任など取ってくれるはずもありません。

 

また、責任を求めてもいけません。

 

自分の人生なのですから。

 

どれだけ人目を気にしていても、

気にしていなくても、

結局最後は自己責任なのです。

自分の人生には自分で責任を持とう

実は人に責任を取ってもらいたい

という甘い考えが、

人目を気にする人の心の根底に

あるのかも知れません。

 

また、自分に自信がない

ということも人目を気にする理由

と言えます。

 

なぜなら、自分に自信がないから、

他の人の意見を聞いて

安易に他の人の意見に

身をまかせてしまうからです。

 

自分が何をやりたいのか

が明確でないため、

周囲の意見に合わせて、

その通りとりあえず行っていけば

何とかなると考えるのです。

 

その方が自分で考えないで

良いので楽だからです。

 

しかし、これでは

成功も出来なければ、

幸せになれるはずもありません。

 

成功の大きさに関係なく、

どんな形であれ成功するためには

自分の意思をきちんと持つということ、

自分のやりたいことを明確にすること

がとても重要になります。

 

自分に自信を持って

自分の目標が明確になると、

他の人に意見されても

惑わされることもなくなります。

 

自分のやりたい目標に向かって

真っすぐに進んでいけるのです。

 

自分の人生を自らの責任で

楽しく生きていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.