コラム 自己啓発

不安とは何かを知り不安からの脱却する方法

2018年に内閣府が8月24日付けで発表した

「国民生活に関する世論調査」の結果、

現在の生活に「満足」「まあ満足」

と回答した人が74.7%になっています。

 

これは1962年から開始した調査以来で

過去最多の数字なんだそうです。

 

日本全体としては生活に

満足されている人が多く

少し羨ましくも感じます。

 

一方の私はどうかと言えば

恥ずかしながら収入だけを見ると

過去最も悪い状態となっており、

決して満足できる状態ではありません。

 

何やら大きな格差の渦に

呑み込まれている気がしております。

 

過去の内閣府発表の数値では

確かに国内の実質GDPも

6四半期連続で増加し、

個人消費も伸びているようです。

 

にもかかわらず、国全体に

何かしら暗いニュースが蔓延して、

閉塞感のようなものを感じるのは

なぜでしょうか?

 

今回の記事ではそのあたりを

探ってみたいと思います。

「生活に満足」過去最高74.7%の内閣府世論調査結果

2018年に内閣府が8月24日付けで発表した

「国民生活に関する世論調査」

の結果を下記に明記します。

現在の生活

「満足」「まあ満足」 

 計   74.7%    0.8ポイント増

◆1963年の調査開始以来最高

◆老後の生活設計に
不安を感じている人は前回より増加

◆政府に力を入れてほしい政策
(複数回答)で「防災」

 

内閣府担当者の分析

「景気の回復や雇用、
所得環境の改善が背景にある」

「不満」「やや不満」

計   24.3% 過去最低

所得・収入面

「満足」「まあ満足」
 51.5%  0.2ポイント増

食生活の満足度
 88.8%  0.5ポイント減

日常生活「悩みや不安を感じる」
63.0%

内訳(複数回答)
「老後の生活設計」55.4%

「自分の健康」54.5%

政府に注力してほしい政策  

医療・年金などの社会保障の整備
65.1%

防災
28.3% 2.4ポイント増

調査期間中に大阪府北部地震発生し
防災意識が高まった可能性あり。

西日本豪雨は調査期間後。

 

防衛・安全保障
32.8% 3.4ポイント減

調査は18歳以上の
男女10,000人を対象に実施

 

回答率
59.7%

調査概要

調査時期 2017年6~7月

調査対象 18歳以上1万人

回答人数 6319人

調査方法 調査員による個別面接聴取法

出典参考資料:内閣府大臣官房政府広報室

 

不安を抱かせる問題について

介護・医療・福祉・年金問題

「政府が力を入れるべき政策」を

複数回答で聞いた調査結果では、

「医療・年金などの社会保障の整備」が

65.1%で5年連続で最も多くなっています。

 

団塊の世代がいよいよ本格的な

高齢化を迎えますので、

当面は医療費も膨張を続けると考えられ、

過疎化・核家族化による老々介護問題や

増加する要介護老人問題に伴い

介護保険料も年々負担が膨らんで行きます。

 

年金問題では首相が3年間で

年金受給を70歳までに引き上げる

という発言も飛び出し、

俄かに騒がしくなっています。

 

いずれも、国を支える企業や

個人の税金が財源となるので、

人口が縮小傾向にある日本では、

この財源問題を国内だけで解決するには、

すでに限界を迎えているのかも知れません。

 

出生率も低下の一途を辿り、

厚生労働省が発表した

人口動態統計によると、

2017年に生まれた子どもの数は、

前年よりも3万人余り少ない

94万6060人となり過去最少を

更新しています。

 

若い方が年々減少して、

生まれる子供の数が減れば

当然人口も減少していきます。

 

人口が減るうえに結婚をしない、

結婚しても生活が大変なので

子供を作らない、というより

安心して結婚して子供を産める

環境が整っていないので、

益々人口は減少し労働力は低下し、

税収は下がり、国力は下がる

という負のスパイラルに陥っていきます。

安全保障問題

国際情勢に目を向けると、

北朝鮮の核開発やミサイル問題も

気になるところです。

 

国際的なルールを無視した行為には、

断固とした国の姿勢を

示してほしいと思います。

 

また中国によるアジア諸国近海の活動と

尖閣諸島の問題、

ロシアとの北方領土の問題も含めて、

国民はいつまでも国防を

「おんぶにだっこ」でアメリカ任せ

にしていたのでは解決しないのではないか

とも感じます。

 

今の国防を例えるならば、

自分の家に強盗が侵入した時に備えて、

お金を支払って隣のオジサンを

警備に雇っているので、

何とかしてくれるはずから安心だ

と言ってる様なものです。

 

今の国際社会の常識で

戦争をすることは論外ですが、

相手に暴力を振るわずとも、

正当防衛できるだけの最低限の武器は

持って置くべきかも知れませんね。

 

戦争をするための軍備ではなく、

国を守るための軍備の整備は

国際的に見ても当たり前のことだと

私は思っています。

 

自分の国を自分で守れないことほど

不安なことはありません。

経済問題

私は経済問題が

あまり得意ではないのですが、

大事な問題なので勉強してみました。

 

経済指標には「名目値」と「実質値」の

2つの数値があり、

GDPにも「名目GDP」と「実質GDP」

があります。

 

「名目GDP」は見たままの金額を示しますが、

一方の「実質GDP」はインフレ率を加味した

数値になるそうです。

 

先の調査で国内の実質GDPも

6四半期連続で増加し、

個人消費も伸びたと解説していますが、

物価が上昇すると

お金の価値を下げることになりますので、

名目では増えていても、

実質的な利益を見るときは、

物価が上昇した分を差し引く

必要があるのです。

 

つまり実質GDPもこの例と同様に、

物価上昇分を差し引いて

考えなければなりません。

 

我が国は1999年から消費者物価指数が

慢性的にマイナスであり、

インフレではなくデフレと

なっているそうです。

 

本来なら名目GDPから

物価上昇分を指し引いた分、

実質GDPは名目GDPに比べて減少するはずが、

デフレの場合「物価下落率」が加味され、

実質GDPにはプラスに働いてしまうのです。

 

名目GDPは横ばいで推移しているけれど、

実質GDPは上昇する傾向にあります。

 

数値上の実質GDPは上昇していますが、

現実的には失業率も自殺者数も減少した

とはいえ未だに高い状態であり、

失業率が高い水準にあることから

推測できるのが、

物価下落の要因は人件費の削減が

少なからず寄与してるという事です。

 

つまりデフレによる実質GDPの上昇は、

国民生活を必ずしも豊かにするものではない

という事実と、デフレ下にある国の

経済成長率を見る際は、

名目GDPを見なければならないようです。

 

記事にしながら、

イマイチ呑み込めていませんが、

要は一概に表面的な数字だけでは

判断できない要因があるようです。

 

参考文献;NIPONの数字(実質GDPの解説)

漠然とした閉塞感

諸説あるようですが、

実は日本という国は戦後の混乱から

見事なまでの復興を遂げ、

社会全体が成熟してしまったが故に、

今の様な閉塞感を持ってしまうらしいです。

 

戦後の混乱から立ち上がり、

みんなが豊かになるために

一生懸命仕事に励んできた結果、

これほどまでに豊かな社会を

作り上げてきました。

 

しかし、それが不安の原因である

とするなら何とも皮肉なものです。

 

一昔前は物を大事にして使いました。

 

物が欲しくても買えない時代でしたが、

それなりに充実感や幸福感や

明日への希望の様な感覚を

持っていたように思います。

 

それが今では殆どのものが揃って、

物を使い捨てる時代となっています。

 

我が家でも一昔前に比べれば、

本当に長者のような生活だと

親世代はシミジミと話しております。

 

色んなものが揃いすぎて、

これからの社会に何を目指してよいのか

わからなくなってしまったのかも知れません。

 

私達はこんな豊かな日本に生まれただけで、

世界的にみれば相当恵まれています。

 

それでも、将来に不安を感じて

生きている人が、圧倒的に多いのも

また現実なのです。

どう不安に向き合うべきか

世界的に見た日本人の幸福度は?

世界の幸福度を調査した

世界幸福度報告という

レポートがあります。

 

世界157ヵ国で調査が行われており、

2016年の調査報告では、

1位はデンマーク、2位がスイス、

3位がアイスランド、4位がノルウェー、

5位がフィンランドと

北欧がTOP5を独占していました。

 

日本はというと157ヵ国中

53位となっています。

 

ちなみにお隣の韓国は58位、

中国は83位で、

国際的な繋がりの強いアメリカは

14位となっています。

 

世界幸福度報告とは(Wikipediaより引用)

英語World Happiness Report)とは、
国際連合持続可能開発
ソリューションネットワークが発行する、
幸福度調査のレポートである。
この調査における幸福度とは、
自分の幸福度が0から10の
どの段階にあるかを答える世論調査によって
得られた数値の平均値であり、
主観的な値である(データはギャラップ社によるもの)。
報告においては、この幸福度を、
GDPや健康寿命を含む6つの
説明変数を用いて回帰分析し、
各説明変数の寄与を求めて分析している。

調査内容の具体的な項目は

以下の通りです。

◆人口当たりのGDP
◆健康寿命
◆人生選択の自由度
◆寛容さ
◆信頼する気持ちの大きさ
◆裏切りの無さ
◆腐敗の少なさ

日本はこれ程までに

恵まれている国にも関わらず、

意外と幸福度が高くないのです。

 

調査項目にある人生選択の自由度や

健康寿命の項目辺りは、

確かに日本でもあまり高くないような

感じがしないでもないです。

 

この何とも知れない

漠然とした不安にどう向き合うべきか?

 

少し踏み込んで考えてみる

必要があると思います。

なぜ?多くの人が漠然とした不安を抱えるのか?

世界的に見ても、

日本に生まれたと言うだけで、

かなり恵まれた環境にあることは確かです。

 

問題は私達が積み上げてきた思考に

あるのかも知れません。

 

どういう事かというと、

全部そろっていて自分がやらなくても、

誰かがやってくれるので、

特に何も考えずに

知恵を使わなくても

生きて行けるのです。

 

すると、やはり人間は

弱い生き物ですから、

楽をして生きようとします。

 

一般庶民の思考は次の様に働きます。

 

楽をする=働かない

よって経済が低迷するのです。

 

すると、経済が回らなければ

お金を稼げないので、

何とか経済を回そう

とする人たちが現れます。

 

では何もかも揃っている社会で、

何を道具に経済を回すのでしょうか?

 

そう、それが・・・「不安」です。

 

マーフィーの法則で知られる

ジョセフ・マーフィーは、

人が持つ本来の恐怖や不安とは

次の2つしかないと書いていたのを

記憶しています。

 

1.大きな音に対する恐怖や不安

2.高さに対する恐怖や不安

 

いずれも、生命に直結して

とっさに身を守るために必要なものです。

 

では、現在の我々が持っている

不安を考えるとき、

先の2つの事柄を挙げる人は

どれだけいるでしょうか?

 

では、いまの私達が

不安に思う事とは何でしょう?

 

1.お金や老後の生活の不安

2.病気や介護・健康に関する不安

3.地域や会社や友人、恋人や夫婦などの人間関係

 

主には、この当たりの不安が

多いのではないでしょうか?

 

どうでしょう?

音も高さも人間の本来の恐怖や不安に

関係するものが見当たりません。

 

その代わりわかることは、

現代人の不安内容は、

何かしら悩みごとになり、

ビジネスに繋がるものだと感じませんか?

 

例えば、お金や老後の生活では、

不動産投資や株式、FXなどの投資や

資金運用に繫げることが出来ますし、

病気や介護、健康問題などでは

薬やサプリメントなどの分野で、

人間関係ではスピリチュアルから

カウンセリングなど幅広く

ビジネスに繫げることが出来ます。

 

つまり、私達の抱えている不安は、

実は経済を回すために

仕組まれていたのでは?

という疑問です。

そもそも不安など存在しないのでは?

私達が不安と思っていたことは、

一体どのようにして

積み上げて来たのでしょう?

 

よく考えてみてください。

 

毎日の行動を観察してみてください・・・

 

普段見たり聞いたり、

触れているものに

隠されたヒントがあると思いませんか?

 

一番の大きな要因、

それは毎朝読んでいる新聞や雑誌、

ラジオやテレビ等から

流れている情報です。

 

どうして毎朝、人が事故をしたり、

人が人を殺したり、虐められたり、

騙したりした事件ばかりを

報道するのでしょう?

 

なぜ、朝一番の情報番組を

爽やかに過ごせるような情報だけに

しないのでしょう?

 

すべて、不安を煽るため?

って思うのもごく自然な考えです。

 

確かに、世の中で人が騙されたり、

事故をしたりするでしょう。

 

それを全国の見ず知らずの人に知らせて、

一体どうしたいのか?

 

それを見たあなたは、

何を思い感じますか?

 

感じるのは何とも言えない

不安感ではありませんか?

 

でも実際には不安の実態は、

どこにも存在していませんよね。

マスコミの報道に左右される感情

バナナを食べれば痩せられる

とテレビで流せば、

スーパーからバナナが消えます。

 

このサプリを飲めば、

うつ病が治りますと聞いて、

沢山の人が買い求めます。

 

あの有名人が、〇〇〇と不倫している

という話で、何日も学校や職場で

仲間と盛り上がります。

 

すべての行動の根源が

マスコミ情報です。

 

それが全てになっていて、

マスコミ情報が世の中の全ての

正義だと確信しています。

 

こうなれば、残念ながらもう

搾取され続けるだけです。

 

本質が全く見えなくなってしまうので、

どんなに身体に悪いものでも、

これを食べれば家族みんな

ハッピーになるよと言われれば、

家族みんなで食べつくします。

病気ですら不安商売の餌食

私も5年ほど前にうつ病を発症し

入院治療を課せられ、

5年間大量の薬を飲み続けました。

 

ひとつ分かったことがあります。

 

私の場合、うつ病は医者でも

薬でも直せなかったという事です。

 

4年間薬を飲んだ結果

分かった事ですが、

薬を飲んでいる時よりも

飲まない方が遥かに回復が早い

という事です。

 

まだ完全に完治している

わけではありませんが、

精神的な病気は血圧や血糖値の様に、

何かを数値を表すことが出来ませんので

自分の感覚しかありません。

 

その自分の感覚が、

そのような結論を出しています。

 

今思うと、この病気すらも何かに

作られたものでないかと

疑ってしまいます。

不安からの脱却方法

私の場合、病気が悪化して以来、

新聞やテレビを見なくなっていたので、

少しづマスコミからは

距離を取ることが出来ていました。

 

それでも自分の病気も含め、

一気に環境が悪化したこともあって、

将来への不安を抱えていたのですが、

少しでも前へと進み始めて、

心を鍛えなければと学習を始めました。

 

学ぶうちに不安を感じることは

経験のないことに対する

一種の表現だということに気づきました。

 

つまり、不安に感じることは、

未だ経験したことのない

新しい挑戦をしている

証でもあるのです。

 

ですから、多くの不安を

抱える方にお伝えしたのは、

決して不安が悪いものではない

という事です。

 

今は私達の想像を超える速さで、

物事が進化している時代です。

 

言い換えれば、

未だ経験のしたことがない

時代を生きているので、

不安に感じるのは

誰しも同じことなのです。

 

むしろ不安を感じない方が、

危ないかも知れません。

 

あとは不安に押しつぶされてないように

上手に慣れていくことが大切です。

 

大切なことですので繰り返しますが、

不安はまだ経験したことのない時に

誰しもが感じるものであり、

新しいことをするときには

誰もが感じるものです。

 

不安の正体は、

恐怖で不安でもない、

未来への挑戦です。

 

ですから、不安とは裏返せば

安心への通り道なのです。

 

 

いろんな不安を乗り越えるためには、

いろんな人から生きるための知恵を

学ぶことが一番です。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.