コラム 自己啓発

五眼(ごげん)を学び次元を上げて物事を見れば人生の質が上がる

仏教には五つ眼と書いて、

「五眼(ごげん)」という言葉があります。

 

「目は口ほどに物を言う」とも言いますが、

人の持つ本心は眼と大きく

関係しているのかも知れませんね。

 

今回はそんな五限についてのお話です。

五眼(ごげん)とは

五つの眼とは次のものになります。

 

肉眼(にくげん)普通の人間が持つ眼

 

天眼(てんげん)遠い未来を見る天人が持つ眼

 

慧眼(えげん)二乗の人がもつ智慧の眼

 

法眼(ほうげん)菩薩が持つ真理を見る眼

 

仏眼(ぶつげん)全て兼ね備えたほとけの眼

肉眼

私たちは普段、肉眼で物事を見ています。

 

次のようなお話は日常よくあると思います。

 

ある家庭で子供がテストを持ち帰り

お母さんに見せました。

 

テストの点数は40点でした。

 

お母さんは子供に言います。

 

「あら、40点しか取れなかったの?」

 

実はこのテストはとても難しく、

クラスの平均点は20点でした。

 

子供は頑張って勉強して、

40点も取ったと思っていましたが

お母さんの反応は

全く違うものでした。

 

 

つまり、肉眼とは

欲望の眼で見ている状態

ということです。

 

この場合、自分の子供が

成績の良い子供であって欲しい

という欲望の眼です。

 

テストの背景は目に入らず、

目の前の現実だけしか

見えていません。

 

ですから肉眼では

「40点しかとれない」

と見えてしまうのです。

 

人の成長は人によって様々です。

天眼(てんげん)

ほんの少し未来を見る眼

「天眼」があれば見え方が違ってきます。

 

「40点しか取れない」

と見るのではなく

「40点も取れた」

と見ることが出来るのです。

 

そう見えれば、また違った形で

子供と向き合えます。

 

 

フランスの思想家のルソーは

次のような言葉を残しています。

 

この世に良く出来る子と

出来ない子がいるのではない。

 

学習の早い子と、

遅い子がいるだけだ。

 

思想家のルソーは

正しく天眼で物事を見ていたのです。

 

慧眼(えげん)法眼(ほうげん)仏眼(ぶつげん)

 

かなり難しいことですが

慧眼・法眼・仏眼で

物事を見れるようになれば、

とても素晴らしいことです。

 

これらの眼で物事を見れるようになると

「40点取れた」という事実を

子供と共に喜べるようになります。

 

そして、共に学んで

次は50点を取ろうと学びます。

 

常に喜びも苦しみも分かち合い、

共に成長しようと学ぶ

謙虚な生き方が出来るようになります。

まとめ

身の回りに起こる出来事を

肉眼だけで見るのではなく、

少し次元を上げて見ることで、

違ったものが見えてきます。

 

出来れば慧眼・法眼・仏眼で

物事が見えるような

そんな人生を送りたいものです。

 

そのような人達と共に学び

成長していきたいですね。

 

最後までお読みくださいまして、

感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.