コラム 自己啓発

心の振動数(波動)が上がると人生が好転する

私はかつてあるメンターから

ネットビジネスを学んでいました。

 

そのメンターから

ビジネスで成功するためには、

不思議な力を信じることも

とても大切な要素になると学びました。

 

成功者の多くは、経済的にも人間的にも

豊かな人が多いのですが、

それには目に見えない力を信じる

ということが欠かせないからです。

 

今回はそんな成功者に学ぶ、

心の振動数(波動)を上げると人生が好転する

というお話をしてみたいと思います。

心が「暖かい人・冷たい人」は世界共通

私たち人間は言葉というものを使います。

 

日本語に英語、中国語にフランス語、スペイン語など

国は違っても同じことを意味する表現があります。

 

それは「心の温かい人・心の冷たい人」という表現です。

 

心の温かい人と表現されるのは、

愛のエネルギーに満ち溢れた人です。

 

あらゆる人や物事に対して

暖かい反応をし、

温かい世界に共鳴します。

 

それとは反対に、

心の冷たい人と表現されるのは、

愛のエネルギーが少ない人です。

 

あらゆる人や物事に対して

冷たい反応をします。

 

そして、冷たい心は

冷たい世界に共鳴するのです。

心の温かい人は振動数が高く心のエネルギーが強い

心のエネルギーが強いと

一体どうなるのでしょうか?

 

それは、人によって様々です。

 

例えば、人間関係が良くなったり、

愛される人になったり、

よく笑うようになったりします。

 

また、困った事が減り不安が消え、

行動的になり人生が楽しくなるので、

お金のことで悩まなくなります。

 

簡単に言えば、

幸せになるとかワクワクすることが増える

のです。

振動数(波動)を高めるには

振動数(波動)を高めるには、

どうすれば良いのでしょうか?

 

それはワクワクすることを

始めてみることです。

 

そして、人生の成功を目指して、

明るく生きることを決断することです。

 

人生には苦しいことや

辛いこと出来事は沢山ありますし、

誰もがいろんな問題を抱えています。

 

だからと言って、

そういう苦しく辛い出来事にばかり

焦点を当てて、心を痛め悩んで

落ち込んでいたのでは、

振動数(波動)は低くなっていくだけです。

 

ですから、楽しいことや幸せなことに

焦点を当てるために、

ワクワクすることを始めるのです。

 

苦しいことや辛いことを

忘れる必要はありません。

 

むしろ、そんな辛い経験をしたけど

「よく頑張ったね!」と、

自分を認めて褒めてあげてください。

 

自分の過去の失敗を受け入れて、

素直な反省の上にその自分を許し、

自分を認めて褒めてあげられるようになると、

自然と相手のことも同じように

認められるようになります。

 

過度に否定したり肯定するのでなく、

ただ認めてあげればいいのです。

 

認めることができれば、

自分も相手も心が楽になるのです。

 

そして、相手を褒められる

人間になるということは、

相手の振動数(波動)を

上げてあげられる人間になる

ということです。

振動数(波動)の高い人は人からも愛される

振動数(波動)の高い人は、

いつも幸せなオーラを発しています。

 

そんな素敵な人は、

誰からも慕われ愛されるのです。

 

相手の振動数(波動)を

上げるということは、

その人自身がすごく振動数(波動)が高い

という証拠です。

 

自分の心を愛のある思考、

愛のある行動で満たしていくことが、

振動数(波動)を高めるための

一つの方法ではないでしょうか?

 

自分の失敗から立ち直ろうとすれば

目の前に愛のある行動をしている人が

現れると思います。

 

私の場合にもその人が現れました。

 

その人の出す振動数(波動)には、

チャラチャラとした不真面目さや、

若者がやっているキラキラした

派手なものはありません。

 

誠実で優しい愛のある振動数(波動)を

感じ取ることが出来ます。

 

時代は今「心の時代」へと

移行しています。

 

心豊な人が輝ける

「魂の時代」と呼ばれる時代です。

 

心の豊かな時代を迎えるために、

波動の高い人から学び

より良い人生を手に入れていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.