コラム 自己啓発

時代が変わっても決して変わらない大切なもの

テクノロジーが急速に変化し

時代が進むにつれて、

社会そのものが加速度的に

変化しています。

 

なかでも、人間社会における

技術の進歩は

すさまじいものがあります。

 

一方どれだけ進歩した

時代であっても、

変わらないものも存在します。

 

それは、人が何か成し遂げたり

技術の進歩を支えてきたことにも、

大きく関係していると思います。

 

この記事では、

どんなに時代が変化しても

決して変わらない

大切なものについて、

お話してみたいと思います、

私がインターネットを始めたころ

私が初めてインターネットを知ったのは、

かれこれ20年以上も前のことになります。

 

当時はインターネットも、

電話回線を利用していました。

 

パソコンの機能も今よりも

精度が落ちますので、

画像が表示される時間待ちに

イライラしたものです。

 

おまけによくフリーズしてました。

 

それでも当時は、

かなり画期的だったように思います。

 

また、当時インターネットの使用者は、

ほとんどが企業でした。

 

仕事のアイテムとして

資料作成のための文書や計算、

メールなどの連絡が主でした。

 

その後、事務処理の簡素化、

業務のシステム化が

一気に進みだしました。

 

気が付けばインターネットが

爆発的に伸び始め、

どんどん進化を遂げてきました。

 

今では各家庭にパソコンがあるのが

普通になっています。

 

そして、現在はタブレットや

スマホが主流となり、

個人がいつでも多くの情報に

触れることが出来る時代となりました。

ネット社会の成長は著しいが人の成長は?

対して人間はどれだけ進化したでしょうか?

 

20世紀は戦争の時代でした。

 

戦い奪い合う事で、

正義を示してきました。

 

しかし、戦争という安易な手段が、

如何に非合理的なものかを学んだ人類は、

次の21世紀に起こしたのが

経済という戦略です。

 

経済を利用して国を大きくする方が、

何倍も効率が良いことを学んだのです。

 

手段こそ変わりましたが、

科学技術が進歩しても、

私達人間の思考は、

どうやらあまり大きな変化を

していないような気がします。

 

youtubeの動画配信や商材を

販売するサイトには、

明らかに誇大な広告や宣伝が

溢れかえっています。

 

その情報にどれだけの価値があるかは

私にはよく分かりません。

 

一時期ユーチューバーによる

自分勝手な迷惑行為をしたり、

悪ふざけの度が過ぎる様な配信が

問題になったりもしました。

 

そうした迷惑な彼らの行為が、

社会のためになるとは考えられません。

 

しかし、その反面

そうした動画の再生回数が多いのは、

世の中にそれだけ需要がある

ことでもあると言えます。

 

とても複雑に感じてしまいます。

 

中には、当然きちんとした配信を

されている方もいっらしゃいます。

 

ですが、多くの低質な情報に

埋もれてしまっているような気がします。

地味に目立たない人が真の成功者

インターネットには、

巨万の富を生み出せる様な

チャンスが転がっている

のかもしれません。

 

ですが、ネットビジネスの多くは、

一時期上手く行っても、

直ぐに消えてしまう人がほとんどです。

 

何年も更新されていないブログや

動画チャンネル等を見かけると、

何かしら虚しさを感じることもあります。

 

何が言いたいのかと言うと、

長期的に稼ぎ続けることが出来るのは

実は地味にコツコツと

配信を継続している人だという事です。

 

最後の最後まで残るのは、

実は地味に目立たない人なのです。

 

私は、こうした人の情報を信じます。

 

そして、自分も同じように

目立たないように

コツコツと地道に進んでいきます。

情報過多の時代をどう生きていく

インターネットが普及して

沢山の情報が出回ると、

私達はどれが本物の情報なのか

判断が難しくなります。

 

私はもう何年もTVメディアを見ていません。

 

最低限の天気予報ぐらいです。

 

いわゆる報道やバラエティ―に関しては、

一切情報をシャットアウトしていますが、

生活には何も支障がありません。

 

ネットもこうした従来のメディアと

同じだと思います。

 

なので、今は必要以上の情報を

吸収しない様にしいます。

 

集めたデータをきちんと処理できる

能力がある人は別ですが、

情報処理能力が無い人は

情報に惑わされ、

脳がフリーズしてしまいます。

 

そして、間違った情報で、

間違った方向へ進んでしまうのです。

 

情報過多の時代には、

情報を処理する能力が必要です。

 

それが出来ないうちは、

あえてTVと同じように、

ネットからの情報も限られたものに

絞ることも大切です。

 

情報には十分気を付けていないと、

情報弱者はネット上にいる

詐欺師のいい鴨になってしまうのです。

 

ネット上には本当に色んな人が

情報を流しています。

 

情報に惑わされないためにも、

私たち自身が、コツコツと地味に

自分の内面を磨く作業が大切です。

 

どんなに時代の変化が進んでも

地味にコツコツ積み上げることが、

最強の武器になるのです。

 

これは、どんなに時代が変わろうとも

決して変わらない大切な基本姿勢です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.