コラム 自己啓発

本当の幸せとは今すでにある幸せに気づくということ

多くの人が豊かな人生を望んで

暮らしていると思います。

 

きっとあなたも豊かな人生を

送りたいと願っていると思います。

 

では人の豊かさとは

そもそも何なのでしょか?

 

仕事で成功することでしょうか?

 

地位や名誉を得ることでしょうか?

 

資産やお金や財産を

沢山持つことでしょうか?

 

確かにこういったことも

豊かさの一部だと思います。

 

ですが、もっと身近なところに

本当の豊かさはあるのです。

 

この記事では

本当の幸せは今ある幸せに

気づくということ

についてお話しします。

本当の幸せとは?

あなたにとっての

本当の豊かさとは何でしょうか?

 

インターネットの配信者の中には、

持っている高級車や高級品を自慢したり

リゾートや海外で豪遊したり、

多くの仲間と楽しくやってる様子を

配信している人も多くいます。

 

多くの人は、こういった

物質的な豊かさに

本当の豊かさを求めようとします。

 

しかし、そういう人たちは

ネット上では情報弱者と呼ばれ、

常に騙され続け搾取される

側になってしまうのです。

 

お金が必要ないと

言っているのではありません。

 

お金を沢山持っていることや

お金を稼ぐこと自体は

悪い事だとは思いません。

 

なぜなら、資本主義社会においては、

多くの問題をお金で解決することが

出来るからです。

 

また、お金に余裕があれば

精神的な余裕が生まれ、

精神衛生上とても有効です。

 

尚且つ、病気や介護が

必要になったときもお金は必要です。

 

お金が無ければ

人を助けることも出来ません。

 

それだけではありません。

 

色んな知識や経験を積み為にも

お金は必要です。

 

お金があれば多くのことを

学ぶことも可能です。

 

それでも、本当の豊かさとは

お金や物ではないのです。

 

興味深いデータがあります。

 

国際通貨基金(IMF)のデータによると、

2017年の世界GDPランキングは、

1位がアメリカ、2位が中国、3位が日本

と発表されています。

 

一方で国連が2012年から

156カ国を対象に行っている

幸福度調査では、

2018年の日本の順位は

54位になっているそうです。

 

これは、経済的な豊かさと

幸福感は比例しないことを示しており、

つまり、お金や物だけでは

幸せにはなれないということ

示していると言えるのです。

 

既に多くの豊かさを受け取っている

少し考えてみてください。

 

もし、あなたが100年早く

生まれていたとしたら、

一体どのような暮らしを

しているでしょうか?

 

きっとその当時の日本に

生まれていたとしたら、

戦乱の中でとても厳しい生活を

強いられていたと思います。

 

ひょっとしたら召集令状が届いて、

戦地へ出向いていたかも知れません。

 

今では想像もつかない出来事が、

わずか100年近く前までは

平然と行われていたのです。

 

それに比べて今はどうでしょうか?

 

車に自由に乗れどこにでも行けます。

 

自由な自分の発言や意見も言えます。

 

インターネットやスマートフォンなどの

便利なサービスが使えて、

全世界と一緒で繋がることができます。

 

いろんな情報に直ぐに触れることも可能です。

 

公共サービスも充実して、

教育や医療、ガスや上下水道などの

生活インフラも整備されて、

高速道路も整備され

とても便利になっています。

 

何よりも飢えることなく

毎日おいしいご飯が食べられます。

 

こうした時代に

日本に生まれてきたことを

考えてみれば、

私たちは既に十分なくらいに

多くの豊かさを受け取っているのです。

 

普段当たり前に感じていることでも、

少し生まれた時代や国や環境が変われば、

一昔前には想像できないくらいに

便利な恩恵を受けていることに気が付きます。

 

それだけではありません。

 

日頃から健康であると言うことも

当たり前のように感じていますが、

とても有難い豊かさなのです。

 

家族や仲間や恋人や友人などがいる

と言うのも、決して当たり前などではなく

本当に有難い豊かさなのです。

 

あなたの親やご先祖様が

これまで賢明に生きて来て、

そうして命が受け継がれ、

私たちは今の時代に

生まれてくることが出来たのです。

 

そのことを当たり前のように

感じていますが、

本当に奇跡的なことであり、

とても有難いことだということに

感謝すべきなのです。

 

私たちは多くの豊かさを

既に受け取っていたのです。

幸せは今すぐに感じることが出来る

現状が辛く厳しいと感じるのは

何故でしょうか?

 

それは他の人と

比べているからではありませんか?

 

あの人よりも自分は劣っていると、

これまでの価値観で勝手に

決めつけているだけではありませんか?

 

人の豊かさというのは、

人と比べて得られるものではありません。

 

あなたの内面の状態で、

いつでもいくらでも

豊かさは受け取ることが出来ます。

 

問題はあなたの中に

既にある豊かさに気付いているか?

気付いていないか?なのです。

 

他の人と比べて

自分の豊かさを計っても

何の意味もありません。

 

お金や物も確かに豊かさの一部ですが、

それだけを追い求めると

本当の豊かさを見つけることが

出来なくなります。

 

お金や物だけを追い求めても、

その欲望に終わりはありません。

 

永遠に人と比べて

常に足りないものを追い求めて

しまうことになります。

 

今すでにあるあなたの豊かさに

目を向けてください。

 

そうすれば、幸せは

今この瞬間からでも

感じることが出来るはずです。

 

今ある幸せに気づくことが

出来る人でなければ、

結局は他の人と比べて

満たされていない自分に満足できず、

終わりのない欲望を追い求めてしまい、

例えお金を沢山得られたとしても

心までは豊かさを感じられなくなるのです。

 

今の日本が物質的に豊かな国であるのに

幸福度が低いという背景には、

そんな人が意外と多いということも

関係しているのかも知れませんね。

 

金銭的にも物質的にも、

そして何よりも精神的な豊かを

手に入れたいのであれば、

まずは今すでにある豊かさに

気が付く人になることが、

何よりも先に大切なことだ

と言うことを忘れないでください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.