コラム 自己啓発

より良く生きるためのポイントはメディア情報に冷静な対応をすること

あなたは毎日テレビを見ていますか?

 

朝起きたら条件反射的に

テレビのスイッチを入れて、

何気に画面から流れる情報を

取り込んでいませんか?

 

そんな毎日の繰り返しが、

実は生きづらい原因の一つかも

しれないのです。

 

今回はより良い人生のためには

メディアからの情報に冷静に対応する

ことの必要性についてお話します。

成功者はテレビを見ない

ちゃんとした統計データが

あるわけではありませんが

私の個人的な主観では、

経済的にも自立した、

いわゆる成功者と呼ばれる方の多くは

あまりテレビを見ない傾向にあるようです。

 

また、そもそもテレビを持ってない

という方も多いようです。

 

以前の私自身がどうであったか?

と言うと、結構テレビを見ていました。

 

朝起きて最初にやることは、

リモコンでテレビをつけることです。

 

ニュースや天気予報を見てから、

しばらくはテレビはつけっぱなしで、

ちょっと時間があればテレビを見ていました。

 

また、仕事から帰ってからも、

何気にテレビを見ている生活を

続けてました。

 

そんな私でしたが、

事業の失敗などによって

うつ病で入院してからは

テレビを見ると言う習慣が

なくなりました。

 

自分で見るのを止めよう

と思ったのではありませんが、

不幸中の幸いというべきか、

自然とメディア情報から離れることが

出来るようになったのです。

 

退院後も毎日の生活の中で、

テレビを見ると言うことが

ほとんどなくなりました。

 

しかし、だからかと言って、

いきなり人生が好転する

わけではありません。

なぜ成功者の多くはテレビを見ないのか?

では、なぜ成功されてる方の多くが

テレビ見ないのは何故なのか?

という疑問が出てきますよね?

 

一体そこにはどんな理由が

あるのでしょうか?

 

少し分析してみますと、

あることが見えてきました。

 

テレビ番組の中には、

勉強になる大変良い番組もありますが

ワイドショーやニュース番組などでは

やたらと暗い事件や事故のニュースが

多く放送されます。

 

こうした番組の多くには、

不安をあおるような内容が

たくさん含まれています。

 

人は怖いもの見たさとか、

人の不幸を覗き見たいと言う

感情があります。

 

他人の不幸は蜜の味というヤツです。

 

インターネットのない時代には、

得られる情報が限られていましたので、

テレビなどのメディアから流れる情報を

多くの人が信用していました。

 

そして、テレビなどから

自然と流れる言葉を見たり聞いたりしていると、

知らないうちにそうした問題が

大好きになってしまうのです。

 

テレビなどからの情報を、

無意識に潜在意識レベルまで刷り込んでしまい、

知らないうちに不安になるような

悪い情報を蓄積してしまっているのです。

 

これは一種の

マインドコントロール(洗脳)です。

 

ですからテレビを無意識に見る

と言うことは、

負の感情を増大させてしまい

本当に危険なことなのです。

 

いろいろと感情をあおるような

ニュースも多い日々です。

 

全くの無関心というのも

問題があるかも知れませんが、

過剰に反応して批判や悪口を

言うようになると、

あなた自身の波長が下がります。

 

そうなると心身ともに

不健康な状態になってしまいますので

要注意です。

 

多くの成功者がテレビを見ないのは、

自分たちに必要な情報は

テレビからではなく、

もっと違った別のコミュニティーから

得ています。

 

ですからテレビなどから

情報を得る必要もありません。

 

むしろテレビに情報を流している側の人も

多くいると思います。

 

いずれにしても、

今の時代はニュースやワイドショーとかの

暗い情報は取り入れず、

そうした情報に振り回されずに、

精神や魂や愛や豊かさと言ったことに

フォーカスすることが重要です。

最後に

2019年10月に実施された消費増税により

日本では経済が大きく低迷していました。

 

そこへ中国の武漢から発生した

新型コロナウイルスが襲い掛かり、

2日本だけでなく世界的に経済が悪化しています。

 

恐らく、一連の景気低迷の問題を

消費増税から新型コロナウイルスへ

責任転換しようとメディア情報

を使って操作するでしょう。

 

これまでの情報にも

多くの嘘がまぎれ込んでいます。

 

テレビだけでなく、

昨今ではインターネットにも

色んな規制がかけられて来ました。

 

ですから、ネット情報に関しても

テレビ同様に振り回されないように

気を付ける必要があります。

 

政府の対応の遅さには

本当に頭が痛い思いですが、

どれだけ不満に思っても

その対策自体に私達ひとり一人が

関わることは出来ません。

 

今はいろんなデマ情報に

振り回されて感情を乱すのでなく、

確実に実施される対策を

見定める必要があります。

 

そして、結果に対する審判は

次回の選挙でハッキリさせる

必要があります。

 

日本が主権国家である以上、

主権は国民にあることを

選挙で示すことが重要です。

 

一日も早い政府の対応と

疫病の終息を願います。

 

そして、その後の経済再建に

私達も出来ることから、

望んでいかなければなりません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.