コラム 自己啓発

量子物理学で証明されつつあるスピリチュアルな世界

あなたは「引き寄せの法則」というものを

ご存知でしょうか?

 

自分の内にある強い願いは

必ず現実化するという法則です。

 

私は個人的にはこの法則を

フワフワした願望実現の法則でなく、

あくまで結果論としての法則として

信じています。

 

要するに、懸命に努力すれば

自分の願いを叶えることできる

とてもシンプルな考え方です。

 

なぜなら、最終的に願いが叶わない場合、

自分の努力が足りないか、または、

心から本当にそう願っていないという

結論になるからです。

 

今回はそんな引き寄せの法則を

精神論ではなく、量子論の視点から

考えてみたいと思います。

 

あくまで私の主観も入っていますので、

事実と異なる部分もあるかも知れませんが

何卒ご了承願います。

現在の量子論の考え方

観測問題

現在の量子論には、

「観測問題」と言うのがあります。

 

観測問題とは、目に見えない世界では、

観測する人の意識が

観測結果に入ってしまう問題のことです。

 

 

この反応のおもしろいのは、

観測する人が「粒になるはずだ」

と思って観測すると、

「粒になる」観測結果が出て、

観測する人が、「粒にはならない」

と思って観測すると

「粒にならない」結果が出るのです。

 

要するに、観測する人の意識でしか、

その結果が出ないのです。

 

絶対こうなるという決まった答えがない。

 

量子論の世界では、

絶対値がないということになります。

 

しかし、何故そうなるのか?

というその原因については

未だに解明されていません。

 

あの有名なアインシュタインも

最終的には「G・E」という言葉を

つかっています。

 

「G・E」とは、「God Energy」の略で

「もうこれ以上わからない」

「神の力が働いているとしか言いようがない」

という意味です。

 

また別のある物理学者は、

「S・G」と表現しています。

 

これは「Something Great」の略で、

「何かわからない、とんでもない力」

という意味になります。

 

多くの科学者が科学的に証明できない事を

Something Greatと表現しています。

 

ある意味スピリチュアルです。

 

現在はあまりにも小さな世界の研究ですので

最終的な量子論は理論的な物理学です。

 

計測機器が理論に追い付かず、

まだ解明されていない部分が多いようです。

 

ただ確実に言えることは、

観測問題という問題は現実にあって、

観測者の意志が観測結果に反映することは

明らかになっているという事。

 

これは何を意味するかというと、

小さな世界では、

その人の意志は反映されるという事です。

 

つまり、簡単に言えば「願いは叶う」

としか言いようがなく、

科学的に「願いが叶う」事が

証明されているという事です。

観測問題の発展形・・・「ゼノン効果」とは

※ビックバンから宇宙が始まったとすれば、

宇宙は今もなお膨張を繰り返し

広がり続けながら宇宙を維持している

という豊かさがあります。

※ビッグバンとは、
宇宙は非常に高温高密度の状態から始まり、
それが大きく膨張することによって
低温低密度になっていったとする
膨張宇宙論における宇宙開始時の爆発的膨張。
出典:Wikipedia

その視点から考えてみれば

いま豊かじゃない人は

ただ宇宙と同調していないだけで、

同調さえすれば、

豊かにしかなれないのです。

 

観測問題の発展形で

「ゼノン効果」と言うのがあります。

 

このゼノン効果とは

一定の期間、同じ観測を続けると

観測を終えても同じ効果が出続けることです。

 

つまり、自分がこんな人間なんだ

と思い続けると途中でフッと忘れても、

そのような人間でいることが

できるということです。

 

これが「引き寄せの法則」等で言われる

「刷り込み」や「アファメーション」です。

 

ここで大切なことは、

先程も触れましたが量子論の研究では、

絶対値がないということ。

 

つまり、世の中に絶対はないのです。

 

仮に絶対に近いものがあるとすれば、

それは唯一、自分の中にある絶対だけ。

 

あなたはどちらを信用するか?

という事です。

 

自分の意志はとても大切で、

自分がどんな人間かというのを

考えることはとても大切なことです。

 

ゼノン効果の一番わかりやすい例えが

「流行」とか「不景気」などです。

 

一定期間、周囲から情報を受け続け

あなたが不景気だと思い込むことで、

実際に不景気になる現象がおこるのです。

まとめ

如何でしたでしょうか?

 

上手く表現できなかったのですが、

要するに引き寄せの法則と量子論は

非常に近い考え方が出来るのでは?

ということをお伝えしたかったのです。

 

また、いま流れる情報のなかには、

オリンピック終了後に大不況になる等

多くの経済学者や評論家が論じています。

 

確かにこの30年以上、日本はデフレ状態で

経済不況から脱却できていません。

 

しかし私たちが見ている現実は、

量子論的には全て思い込みで実現しています。

 

信じられない方もいるかも知れませんが、

その事実を科学が証明しています。

 

色々な成功哲学、スピリチュアルなものも

最終的にはずべて量子論の世界に入ってきます。

 

突き詰めれば、全てだという事です。

 

壮大な宇宙の視点からみれば、

私たちの生きている世界なんて

所詮粒粒の小さなものです。

 

私たちは、このとんでもなく広大な

宇宙という世界に生きています。

 

あまりにも広大過ぎて、

とても豊な存在だということを

つい忘れてしまうのでしょう。

 

でも宇宙的視点からの意識を取り戻せれば、

また次元の違う世界が見えてくるかも知れません。

 

そう考えれば、自分の中にある絶対を信じ

世の中を変える力が、

あなたの中にも秘められていると信じて

世の中を少しでも良く変えて行くことが

出来るかもしれないのです。

 

何か出来ることを模索してみましょう。

 

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.