コラム 自己啓発

フレーミング効果に騙され続けないための意思決定理論

時代は今「心の時代」へと移行しています。

 

心の時代とは、心の豊な人が輝ける

「魂の時代」と呼ばれる時代です。

 

そんな魂の時代を迎えるために

フレーミング効果に騙され続けない

意思決定が大切になってきます。

 

今回はその意思決定理論のお話です。

 

フレーミング効果とは

フレーミング効果とは

ノーベル経済学賞を受賞した

ダニエル・カーネマンエイモス・トヴェルスキー

によって発表された心理作用のひとつです。

 

ひと言で言うならば、

フレーミング効果とは、数字のマジックです。

 

例えば、

あなたが持っている金貨のほかに、

2万個の別の金貨が手に入るとします。

 

このときあなたは以下の選択が出来ます。

ケース1の場合

A) 確実に5千個の金貨をもらえる?

B)2万個の金貨がもらえる確率25%、何ももらえない確率75%のクジを引く?

ケース2の場合

A)確実に1万5千個の金貨を失う?

B)何も失わない確立25%、2万個の金貨を失う確立75%のクジを引く?

さて、

あなたならケース1とケース2の場合

どちらを選びますか?

 

これが数値のマジックです。

 

ケース1とケース2の場合に

A・Bどちらを選択しても、

数値的な確率は同じです。

 

ところがケース1の場合ほとんどがAを選び、

ケース2の場合はBを選ぶのです。

 

フレーミング効果とは、

このように問題や質問の提示のされ方によって

意思決定が異なることを言います。

 

この数字のマジックに、

私達一般市民は意のままに操られています。

支配層は数字が得意

私達の住む世界は、

数字の組み合わせで支配されています。

 

お金の流れを支配している資本家たちは

そのことをとてもよく理解しており、

物凄く数字を扱う事が得意です。

 

パソコンは2進法である「0」と「1」の

数値信号のみで作られていますが、

多くの人は、恐らくこのことを

あまり詳しく理解していません。

 

コンピュターは小さなチップの中で、

とても高度な計算をしていると思っていますが、

実際に使っている数字は「0」と「1」だけです。

 

これと同じように、世の中の仕組みは、

かなり複雑に私達にとっては、

分かり難く組み上げられています。

 

法律や公文書等も読めば読むほど

理解しにくい内容になっていますが、

これもまた支配側が仕掛けていることです。

 

簡単に理解されては困るので

ワザと難しくしています。

 

また、内容もどうにでも取れるような

曖昧で複雑な表現がとても多いです。

 

基本的に法律やルールを決めるのも、

自分たちなので思いのままです。

 

基本的な仕組みは至ってシンプルですが、

傍目にはとても理解しにくい様に作り上げています。

 

支配される人は数字が苦手

支配する側とは真逆に、

いつも支配される側の人たちは、

数学がとても苦手です。

 

フレーミング効果に有名なものに

「レモン10個分のビタミンC配合!」

というフレーズがあります。

 

あなたも、どこかで一度は

目にしたり聞いたりしたことがある

キャッチコピーではないでしょうか?

 

なので、ビタミンCと聞くだけで、

レモンをイメージしませんか?

 

ところがレモン自体には、

ビタミンCがそれほど配合されていないことを

ご存知でしたでしょうか?

 

ちなみにレモンには

100g中にビタミンCが50mg

入っています。

 

その他の食品を下の表にまとめています。

食材100g中に含まれるビタミンCの成分量(単位:mg)

赤ピーマン 170 アセロラ 1700 焼き海苔 210
黄ピーマン 150 70 抹茶(粉末) 60
青ピーマン  76 いちご 62 ロースハム 50
パセリ 120 キウイフルーツ 69 フライドポテト 40
ケール 81 パパイヤ 50 サツマイモ 23
にがうり 75 はっさく 41
ブロッコリー 54 グレープフルーツ 36
カリフラワー 53 みかん 32
キャベツ 41

いかででしょう?

随分と長い間、騙され続けていたような

気持ちになましたか?

 

「イチゴ10個分のビタミンCがこれ一粒に!」よりも

「レモンの10個分のビタミンCがこれ一粒に!」

と聞く方が、ビタミンCがたくさん含まれているように

感じてしまいますよね。

 

実は、レモンのビタミンCより、

もっと怖い事実があります。

 

これと似たようなことが、

私達のお金の問題にも関わっているのです。

 

実は、

私達が裕福になれなかったりするのは、

支配層からフレーミング効果を

うまく使われているからなのです。

 

お金に関して言えば、

常に浪費型のマインドコントロールを受けています。

 

ポイント10倍やお買い得セールなど、

生活の色んな場面に罠が仕掛けられています。

 

そして、自分のために投資するよりも競争して奪い合い、

稼いだお金は浪費することに価値があると信じ込ませ、

ドンドン稼いでは使わせるように仕組まれています。

 

そもそも、お金のシステム自体そのものが

資本家にとって都合の良い仕組みなっています。

 

物が溢れている現代においては、

貨幣価値と実態価値のバランスが崩れてしまい、

ますます所得格差を増強する仕組みになっています。

 

ですから、一般庶民は貧困から抜け出せないのです。

 

まずは、この洗脳を解く必要があります。

 

資本を牛耳る支配層からの洗脳は、

長年に渡って強烈に植え付けられていますので、

なかなか変えることが難しいと思います。

 

実に9割以上の人が、

これまで操られたまま生きているのです。

まとめ

あなたは、一生操られた人生を生きる

9割として生き続けますか?

 

もし、操られる人生から抜け出したければ、

フレーミング効果の罠に落ちて

浪費し続ける人々と違う選択をしなければなりません。

 

お金のシステムは既にその矛盾から、

限界を迎えようとしています。

 

本当にある実態価値に物事の本質はあります。

 

これまでお金の価値基準を優先することが

全ての物ごとに置いて重視されてきました。

 

しかし、これからの時代は本質を見る

価値観が重視されてきます。

 

自分の人生に、崇高な思想と哲学を取り戻し、

高い理念と理想をもって生きることが大切になります。

 

そうした個人の力が、やがては国そのものを動かし

そして、大きな支配から逃れるための力へと

変わることを私は信じています。

 

最後までお読みいただき、感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.