コラム 自己啓発

自己啓発を学んで見えてきた乗り越えるべきメンタルの壁

 

自己啓発は、非常に多岐にわたり分野も広く

生活全般に渡っていろんな場面で応用できる思考を学べます。

 

私がネットビジネスを通じて学んでいるものに

その自己啓発の分野があります。

 

今回、自己啓発の学びを通じて、

自分自身の越えなければならない

メンタルの壁のようなものが見えてきたので、

そのことについてお話していきたいと思います。

新規事業への取り組みから

メンターが取り組む新しい事業展開のひとつに

ワークショップという事業があります。

 

メンターやメンターの学びを受けている人たちと

直接会って学ぶことが出来る新しい取り組みです。

 

現在は東京を中心に開催されていて、

今後は名古屋・大阪・九州など

主要都市でも開催が予定されています。

 

私は地方の限界集落に近い山奥に住んでいますので

東京の会場へ行くとなると、2~3日休む必要があります。

 

それは事前に日程を調整すれば何とかなりますので、

そんなに大きな問題ではありません。

 

しかし、今回のメンターのワークショップ開催を通じて、

自分自身の中にある本当の問題の本質のようなものが

見えてきたように感じたのです。

 

自分の中にあるモヤモヤしたものの

正体を明らかにするために、

正直な思いを記事にして吐き出し、

整理してみたいと思います。

過去の失敗とトラウマ

私は今から7年程前になりますが、

事業の失敗などが原因でうつ病になって入院し、

4年程引きこもり状態になった経験があります。

 

このうつ病がきっかけとなって、

その後は全ての人生設計がもろく崩れていきました。

 

ですから私の中では、

自分でも触れたくないトラウマのようなものに

なっているのかも知れません。

本当は苦手な人間関係

孤独に独りでパソコンに向かうのは

全く苦痛は感じていませんが、

本業の仕事で人と話すことが

正直しんどいと感じる時があります。

 

そんな状態なので、

退院後も地域の人とも

未だに上手くコミュニケーションが

取れない状態が続いています。

 

私の家は観光施設の隣なので

休日には観光客も多いのですが、

気にすることなど無いと、

頭ではわかっているのですが、

どうしても人目を気にしてしまって

外へはめったに出ることが出来ません。

 

仕事中も出来るだけ顔を隠そうと

夏でもマスクをしたままです。

 

また私は眼鏡をかけているのですが、

度付きの一番暗いレンズにして

顔全体が分かりにくいようにしています。

 

マスクにサングラスのような風貌ですので、

返って怪しく感じられているかも知れません。

(そもそもだれも気に留めてないと思いますが・・・)

 

結局、私はまだうつ病を

完全に克服できていないと感じるのです。

 

自分の気持ちに正直に向き合う

私はワークショップの開催をきっかけに

なんとか日程を調整して、東京へ行こうと試みました。

 

実際には仕事の調整が出来ずに行けなかったのですが、

準備を進めていくうちに、何とも知れない恐怖心のような感情が

湧き沸き上がってきたのです。

 

少し冷静になって客観的に

自分の気持ちに正直に向きあってみました。

 

そしてワークショップへ行かなければと

思えば思うほど、何とも知れず心に重くのしかかる

「行きたくない」と言う

心の奥底からの訴えを確かに感じ取りました。

ビジネス以前に整えるべきマインド

私は2年近くメンターの教材や配信で

ビジネスマインドを身に着けて行こうと学んでいます。

 

ですが、イマイチ向上していない現状を考えたときに

私自身がビジネスマインドを身に着ける以前に、

まずは乗り越えなければならない

自分自身のマインドの壁があることに気が付きました。

 

また、それは成功を目指すためには

必ず乗り越えなければならない私自身の壁でもあります。

 

大きな失敗を経験しましたが、

そのお陰で自分の人生に真剣に向き合い、

こうして学ぶきっかけを与えられたのだと

感じています。

メンターに正直に相談

メンターは独りネットビジネスの成功者ではありますが

決して心理カウンセラーではありません。

ですから、うつ病に関する悩みをお話しするのは

本来は筋違いです。

 

そう思いながらも、

今の正直な自分の気持ちを

メールでお伝えしたところ、

メンターからは次の様な返信を頂きました。

 

「無理して遠くから来ることはありません。

どうか、あまり気にしないでください。」

 

決して長文ではありませんが、

この言葉の中にメンターの優しい心遣いを

感じとれました。

 

新規事業などで何かとご多忙の中を

メンターから早々に返信を頂き

とても心が軽くなりました。

まとめ

人それぞれ置かれた環境や状況は違うとは思います。

 

問題の本質は、自分の外側にあるのではなく

内面にあるのだと、私自身は強く感じています。

 

メンターのマインドセットの学びが無ければ、

こうした自分自身のメンタルの弱さにも

しっかりと向き合えていなかったでしょう。

 

ビジネスだけではなく

人生を生きていく上でも、

マインドセットの学びは

とても大切なものだと感じています。

 

人が感じる不安や逆境に

乗り越えられないものはないと言います。

 

優しく見守っていただけるメンターや

応援してくれている方のためにも、

そして自分自身のためにも

必ずこの壁を乗り越えて行きたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.