コラム 自己啓発

地道な努力が報われないと感じる人へ贈るスティーブ・ジョブズのメッセージ

今回は皆さんもよくご存じの

スティーブ・ジョブ氏のメッセージを

ご紹介します。

 

これは日頃からコツコツと

地味な作業を積み上げている人や、

そうした地道な努力が本当に報われるのかと

不安になる方に是非聞いてほしい

そんなメッセージです。

 

何かの気付きがあれば幸いです。

スティーブ・ジョブズ氏のメッセージ

では、以下がそのメッセージです。

私に人生の目標はありませんでした。

 

大学が導いてくれるとも、

思いませんでした。

 

私は、親のお金を

垂れ流していただけでした。

 

なので、何とかなると信じて

退学することにしました。

 

とても怖かったですが、

今思うと最高の決断でした。

 

つまらない必修の授業に

行く必要がなくなったので

面白そうな授業だけ、

潜り込みようになりました。

 

一つ例を挙げましょう。

 

リード大学には、

国内最高の西洋書道の授業があり

中退していて必修の授業に

出る必要が無かったので

西洋書道の授業を取ることにしました。

 

そこで様々な書体や、

文字の隙間の調整などを学びました。

 

もちろん、人生の役に立つなんて

思っていませんでした。

 

でも10年後パソコンを作る時に

繋がったのです。

 

文字のノウハウを

Macに詰め込みました。

 

そして世界初、美しい活字を扱う

パソコンが完成。

 

もちろん、この繋がりを

予測は出来ませんでした。

 

しかし10年後の今、

明白に見えています。

 

点と点の繋がりは予測できません。

 

後で振り返って、初めて気付くのです。

 

なので、今やっていることが

繋がると信じてください。

 

その点がいつか繋がる

と信じていれば、

自分の道を貫く自信を

与えてくれるものです。

 

それが、他の人と違う道だった

としてもそれが

人生に違いをもたらします。

 

参考文献;日本経済新聞【「ハングリーであれ。愚か者であれ」ジョブズ氏スピーチ全訳

米スタンフォード大卒業式(2005年6月)にてより引用

スティーブ・ジョブズ氏が伝えたかったこと

スティーブ・ジョブズ氏が

伝えたかったことは、

 

今あなたがやっていることは、

直ぐには何かの役に立つことでは

ないかも知れない。

 

しかし、

あなたのやっていることが、

あなたが好きで

信じていることであるならば、

それは必ず未来に繋がる。

 

だから勇気をもって

自分の好きなことに挑戦してほしい。

 

そんな思いを伝えたかったのでしょう。

 

スティーブ・ジョブズ氏は、

自分の愛することを見つけて、

それに従って自分の情熱を向けて行け

と言っています。

 

80対20のパレートの法則を理解して、

ただ闇雲に頑張るのではなく

効率よく向けるべき方向へと力を出して、

結果にフォーカスすることが大切だ

とアドバイスしています。

 

ジョブズ氏は業績の悪い80%の事業より

業績の良い20%の事業に集中したことで

アップル社を世界的企業へと成長させました。

 

ただし、効率だけを求めるのではなく

直ぐにその結果が出なくても、

諦めずにコツコツと継続して

努力を積み重ねることの大切さも

伝えているのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-コラム, 自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.