自己啓発

心の豊かな人は「安物買いの銭失い」をしない

安物買いの銭失い

ということわざがあります。

 

これは、安いものを買うと

品質が良くないために

直ぐにダメになってしまって、

買い替えたり、修理したりと、

返って高くついていしまうことを

意味しています。

 

実は心が豊かな人ほど

このことに気を付けています。

 

そこで今回は、

心の豊かな人は

「安物買いの銭失い」をしない

というお話をします。

勝ち組と負け組

私は個人的に勝ち組、負け組

という表現があまり好きではありません。

 

ですが今回は、

両者をわかりやすく区別するために、

あえて勝ち組・負け組と

表現して解説します。

 

勝ち組と負け組の

ボンヤリとした定義としては

次の様になります。

勝ち組の定義

勝ち組と言うのは、

心が豊かであることです。

 

それは、ある意味では、

経済的にも困窮していない状態

だと思います。

負け組の定義

その反面、負け組の定義は、

心が疲弊している場合が多いです。

 

必ずしもそうではないかも知れませんが、

往々にして経済的に苦しんでいる

ケースが多い気がします。

 

負け組の特徴

そして、

いわゆる負け組

と呼ばれる人達は、

安物とか大量というのが

大好物なのです。

 

とにかく質より値段が安い、

とにかく大量なものを欲しがります。

 

あなたも知らないうちに、

そうなっていませんか?

 

牛丼大盛200円、ラーメン食べ放題、

そばやうどんの無料大盛サービスなど、

身の回りにたくさんお店がありますが、

何の迷いも疑いもなく、

進んで好んで食べていませんか?

 

たくさん得ないと損をした気になり、

行列になって群がります。

「 食べ放題 お店の行列」の画像検索結果

※写真はあくまでイメージです

典型的な安物買いの銭失い

例えば、こういった安物や

大量のものを毎日食べていると

どうなるでしょう?

 

短期的に見れば、

安く食べれて徳をした

ように感じます。

 

しかし、栄養価を考えずに、

値段だけで食事を摂っていると

長期的な視点からみれば、

やがて健康を損なう恐れがあります。

 

病気にでもなれば、

入院したり手術をしたりといった

高額な費用が発生する

可能性もあります。

 

安物ばかりを求めると、

結果的には損をするという

典型的な例です。

 

 

「安物買いの銭失い」

ということわざの通り、

昔の人も負け組の意識を

良く知っていたのです。

勝ち組の考え方

一方で、勝ち組と言われる

人達はどうでしょう。

 

彼らは必要なものを

必要な分だけ受け取ります。

 

無駄に受け取ることを嫌います。

 

街角でよく見かける、

今だけお得!

バーゲンセール!

限定30%OFF!

在庫処分決算セール!

等々の広告戦略にば

ピクリとも反応しないのです。

 

このような広告戦略に

飛びついていませんか?

 

我先にと行列を作って、

長蛇の列に加わっていませんか?

 

もし、そのような行為を

しているのであれば、

一度冷静に考えてみた方が

良いかもしれません。

「バーゲンセール の人混み」の画像検索結果

※写真はあくまでイメージです

では、なぜ勝ち組は、

このような広告戦略に関心がないのか

おわかりでしょうか?

 

その理由は、

勝ち組は戦略を仕掛ける側

つまり資本家だからです。

 

マーケティング戦略を理解し

その戦略をきちんと見抜いています。

 

ですから、こうした大量の

安物セールなどには一切近づきません。

 

自分の必要な欲しいものは、

バーゲンや価格に関係なく

迷わずに購入します。

 

お店も客層が良いところを

選んでいます。

 

変にトラブルに巻き込まれないよう

品格のあるお店に行き

ゆっくりと買い物や食事を堪能します。

 

時間の使い方を大切にしていますので

行列に並ぶようなことはしません。

 

「優雅な食事風景」の画像検索結果

※写真はあくまでイメージです

9割以上の人が騙される

お買い得なものを買うのが

いけないとは言いません。

 

そもそも、お金に余裕がなければ

どうしても安価な物を選ぶように

なるのは仕方のない事です。

 

ただ、広告戦略に操られていては

一生搾取されるづける側のままです。

 

9割以上の人々が、

すでに資本家等によって

マインドコントロールされています。

 

要するに世の中の9割の人達は、

自分に本当に必要な物でなく、

値段の安さに釣られて

消費や浪費を繰り返し、

無駄なものを買わされ続けているのです。

 

ただ、これは個人の問題というより

資本主義のシステムの仕組みの問題です。

 

今のお金の仕組みの中では、

金利や子息が不労所得となり、

常に資本家だけが富を得る

仕組みになっています。

 

ここから抜け出せないと、

いつまでも負け組のままです。

 

最後に

負け組から抜け出すためには、

常に学ぶことが大切です。

 

今のシステムや仕組みでは

確かにある程度お金が必要です。

 

ですが、このお金の支配から

逃れなれないと

いつまでも心は解放されません。

 

誰からの支配も受けずに、

本来の自分として生きるべきです。

 

まずはあなたの心を

今いる場所から

解放させてあげてください。

 

学び続ける事で、

やがてあなた自身の

本当に求めていた事に

気が付きます。

 

そして、

平穏な人生を取り戻す

ことが出来ます。

 

今の資本主義の矛盾に気付き

無駄な競争や奪い合いをやめ

新しいシステムを作るために

今の自分に出来ることを

考えていきましょう。

 

世の中を変えるために、

今の政治を変えるために

ひとり一人ができることを

自分の力で考えて

推し進めていくことが重要です。

 

最初の一歩は小さいですが

やがて大きな力に変わると信じ

日々を丁寧に大切に

暮らしていきましょう。

 

自分の人生ですから

自分らしく、

自分のやりたいように

精一杯生きて行きましょう。

 

最後までお読みくださいまして、

感謝申し上げます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
TSUTOMU,ISHIKAWA

TSUTOMU,ISHIKAWA

製紙会社で紙製品のデリバリー管理業務を8年間、福祉関係の専門職員を8年間勤めました。その後、地域貢献を志し政治の世界へ進みます。市会議員と国会議員公設秘書を通算5年間勤め、その後民間企業で5年間経営を学び独立起業しました。順調にステップアップしていたかに見えましたが、神様はここで私に精神の修業を命じます。50歳を目前に起業した事業が失敗し廃業・借金・うつ病・離婚等を経験します。 そして社会から完全に脱落。 病気から回復後に経済至上主義の競争社会に疑問を抱き、自身の失敗経験と反省から、この厳しい時代に凡人の中高年が、どのように生きるべきかを実践を通じて学んでいます。ビジネスマインドを始め、幸せな成功を目指すためのライフスタイルなど、将来に不安を抱える中高年の方々へ、新しい時代へ向けての生き方などをご提案しています。

-自己啓発

Copyright© 現役中高年の自己啓発ブログ , 2020 All Rights Reserved.